フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「QSLカード」の3件の記事

2006年3月14日 (火曜日)

QSLカード「東北放送」

今回はQSLカードのコレクションから
東北放送のベリーカードです。
昭和59年4月に送ってもらったものですので20年以上も
昔のものですね(懐かしい)

蔵王がデザインされています。
観光用の絵葉書みたいですね。
Photo

2006年1月16日 (月曜日)

QSLカード「文化放送」

Save 今回のQSLカード紹介は文化放送です

84年4月に送ってもらったものです。

前にも書きましたが自分はQR派(文化放送ファン)でした。

今は青森なので直接放送を聞くことが出来ませんが

中学生のころから聞き始め社会人になっても営業車のカーラジオで聞くのもQRでした。

キー局なのでカードのデザインも地域色の無いものですね(ちょっと残念)

続きを読む "QSLカード「文化放送」" »

2006年1月 8日 (日曜日)

QSLカード

Save0006 絵葉書のようですが、これはQSLカードといってラジオや無線などの放送局が発行する受信証明書です。
写真のものは今から25年ほど前のRAB青森放送から送ってもらったQSLカードです。中学生のころラジオが流行った時期があってそんな中、このQSLカード収集という趣味が一部の人の間で流行っていました。一部の人というのは当時、自分の周りでこんなものを集めている人は皆無でした。たしか「ラジカセ自由自在」とかいう本に紹介されていたと記憶しています。そう当時はラジカセ・ブームで中には白黒の小さなTV画面が中央に組み込まれているものまでありました。当然今とは違いある程度大きいものがステータスでした。ちょうどSONYのウォークマン前夜といった感じでTVがまだ子供部屋にまで普及していなかったのでチャンネル権の無かった子供は自分の部屋でラジオ番組(AM)をよく聞いていました。ちょうど第1次漫才ブームでツービート・B&Bの全盛時で文化放送で夜8時から月金の帯番組で漫才クイズという電話参加型のクイズ番組がありました。放送中出題されるクイズに電話をかけて回答するといった形式のものでなかなか電話が繋がらなかった覚えがあります。そのあと9時からはニッポン放送に流れる人とそのまま文化放送の「吉田照美の夜はこれからてるてるワイド」を聞いていた派に分かれていました。自分はてるてるワイド派でした。話が少しそれましたが前出の「ラジカセ自由自在」に書いてあったQSLカード収集の方法はSINPOコードという受信状況を統一した評価基準で表し、その電波(番組)を放送している局に受信報告書としておくり、局で確認の後、この写真のようなQSLカードを送ってもらうという内容でした。QSLカードは当時ベリーカードとかいっていたような気がします。各放送局ごとにオリジナルな図柄なので集める楽しさがあります。電波が遠くまで届く深夜は格好の時間帯で普段聞けないような九州や北海道の局の電波を受信できました。
この青森放送のQSLカードは青森県のイラストマップになっていて各地域の名所・名産品がぎっしり書かれている楽しいものです。

QSLカードはいまでも受信報告書を送れば各局で送ってくれるようです。AM、短波、FM、TV、海上保安庁などほとんどすべての放送事業者で発行しているようです。もっとも今はアマチュア無線局が発行するものが人気なようでこれは海外も含めると無数に数がありますね

時々MYコレクションを紹介します。ただしいづれも25年ほど前のものばかりです。(この間まったく収集していないということです)

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示