フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2014年7月 »

2013年8月の2件の記事

2013年8月25日 (日曜日)

α55で打上花火撮影に挑戦

先日開催された地元の花火大会でデジイチ花火撮影デビューしました
打ち上げ会場から700mほど離れた田んぼの畦道に

軽トラを停めて荷台に乗り三脚を使って撮影。

蚊取り線香を2巻焚いての勝負!


田舎の小さな花火大会なのでそれほど混雑することもなく

誰もがみんな打ち上げ会場で花火見物している中で

ひとり離れて花火を撮影しているのってなんだか寂しいしちょっと怪しいかも・・・

打上げ会場からの撮影だとほぼ真上に打ち上がるので撮影には近すぎです。

Dsc00116
75ミリ相当 マニュアル露出(F10 20秒) ISO100 ND4フィルター使用

今回の撮影にあたっては「デジキャパ」の特集記事を参考にしました。

使用した撮影機材は先日ヤフオクで手に入れたSONY α55と標準ズームレンズのSAL1855(f3.5-5.6)の組み合わせです。

その他今回急遽購入した装備が以下の3点です。

  • 激安三脚のKING fotopro DIGI3400
  • バルブ撮影用に社外品のリモコン
  • 安価なND4フィルター

三脚は他の安価なものを買おうかと思っていたのですが

こちらの方が格安だったので当面はこれで我慢

リモコンはカメラ側の受信部がレンズ方向にしかないので

当然シャッターを切るにはカメラの前方からリモコンを操作する

必要があるのでライブビューを見ながらの操作はちょっとやりにくいです
ND4フィルターについては前出のデジキャパの記事で勧めていたので深く考えずに購入。

NDフィルターとは減光フィルターということです。(PENTAX Qには確か内蔵されていたなぁ)
花火撮影以外でも使う場面があるようなのですが効果についてはもう少し勉強します

花火撮影のキモはどうやらシャッターを押すタイミングだそうです。

点火音を聞きもらさないように注意して”ひゅ~”という音が聞こえているうちにバルブ解放。
ドン”という炸裂音がして花火が流れ落ちるまで

シャッターを解放しっぱなしにしてみました。

そんな感じで撮影したのが以下の画像です。

Dsc00114Dsc00120

Dsc00048Dsc00124_2
比較的長時間露光して2,3発同時に写しています。

ピンとは置きピンといわれる方法で固定。
AFで一度ピントを合わせてそのままMFに切り替え

今回、花火大会のプログラムを入手し損なったので

打ちあがる花火の予想ができずに困りました。

次に打ちあがるのはスターマインなのか?大尺玉なのか? 

まったくの出たとこ勝負!
※花火の種類によってシャッターのタイミングを少し変えるといいらしい。

Dsc00137001_2 Dsc00039
それと当町の花火大会は大きな尺玉が上がるのですが

その全体を撮影するには私の手持ちのレンズでは

もう少し会場から距離をとらないと厳しそうです。

来年はプログラムの入手と更なるベストポジションを探します

横浜町の花火大会は毎年お盆休みの期間中に開催されます(今年は8/14)

相前後してむつ市や野辺地町、浅虫温泉、青森ねぶた会場運行花火と

この時期撮影チャンスが集中する期間ですのでいろいろと出かけてみるのもいいですね。

2013年8月 8日 (木曜日)

やはりビデオカメラにぴったりだったエレコムのケース

幼稚園で園専用のビデオカメラを購入しました。

TVショッピングでお馴染みのトーカ堂のビデオカメラとコンデジのセットです。

「あ~あれかぁ~」と思った方も多いのではないでしょうか?

ビデオカメラはJVCのEvrio GZ-HM33という形式で

通販ショップオリジナルの型番のようでメーカーの公式サイトには登場しません。

Dsc00329

自分で買うのなら他のメーカーの物を買うのですが

この手の物は家庭を持っていないと

あまり活躍の機会がないので自分にとっては不要。

年に2回、園の運動会と学習発表会(昔の学芸会)で

保護者向けに販売するDVD製作のために使うくらいです。
(ちょっとした記録ならiPhoneかlコンデジのムービー機能で十分)

結局、園で買ってもらえることとなり少ない予算で

コンデジも付いてくるということで他に比較検討もせず購入しました。


さっそく2日ほどかけて弄ってみましたが

あまり期待していなかった画質も意外と好感触でまぁまぁ。

操作性は小さくて各種ボタンが押しにくいのが欠点だなぁ。

親指で押すことになる録画のスイッチと人差し指で

操作することになるズームレバー(左右スライド)が

本当に操作しにくいです。

これは小型化に対する犠牲かなぁ。

一方同梱されていたカシオのコンデジについては玩具です。

これならビデオカメラ単体で買ってコンデジはもうちょっと良いものを

ネットで7,8千円程度の予算で探した方がマシ。

さてビデオカメラにはケースの類は付属していなかったので

先日、PENTAX Q用に購入したELECOMのビデオカメラケースに収納してみました。

Dsc00331_2
このケースはコスパが高いのが魅力です。

Amazonで千円以下で送料込みで買うことができます。



Qのようにネックストラップがない分ケースの並行ファスナーの開閉が楽です。Dsc00330

当たり前の話ですが世界最小のミラーレス一眼である

PENTAX Qよりも収まりがいいですね
(それでもQはレンズ装着したままでこのケースに入っちゃうからなぁ)

予備バッテリーで隙間を埋めないといけないくらい余裕あり!

たぶん現行のEvrioならどれでも収納対応できるでしょう。

« 2013年7月 | トップページ | 2014年7月 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

フィード表示