フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »

2012年6月24日 - 2012年6月30日の2件の記事

2012年6月26日 (火曜日)

中華Pad購入

AppleのiPadが欲しいけどちょっと毎月の支払いが増えるのがネックです。

本体の購入自体はソフトバンクのiPhoneユーザー向けのお得なプランがあるので

それほどでもないのですが毎月の使用料が・・・

でもタブレットPC自体には興味があるので

最近話題(?)の中華Padと呼ばれる中国メーカー製の

アンドロイド・タブレットを購入してみました。

どこのメーカーのどの機種がいいのか全く予備知識がなかったので

アマゾンの商品レビューで評判のよさそうなものを買いました。

Dscn1742
買ったのはPloyer製のAndroidタブレット”MOMO9加強版”

ヤフオクで新品のものを7,000円即決価格で落札。
送料を入れても8,000円でした。

だいたい中華Padの相場は1万円前後みたいです。

まぁメーカー自体聴いたこともないブランドなので
品質の保証なんていうものは期待できないので
1万円もしないものなら最悪、速攻で壊れても諦めがつく範囲かな・・・
(でも実際速攻で壊れたらショックweep

いろいろ弄って遊ぶのには手ごろな価格ではあります。

Dscn1740
届いたパッケージはこんな感じで披露宴のお土産のお菓子の箱みたいです。

この製品は日本向け製品ではないのでパッケージや取説は全て中国語です。
操作自体は設定で言語を日本語にすればOKですので問題なし。

【製品仕様】
CPU:ASllwinnerA10 1.5GHz
メモリ:512MB
OS:Android IceCreamSandwitchOS(Android4.0)
ストレージ:8GB(内蔵)
液晶:7インチ(800*480)静電式タッチパネル 5点マルチタッチ
Wi-Fi専用モデル
重量:約373g

〇Gセンサー 〇アンドロイドマーケット対応 〇フロントカメラ
×GPS ×Blurtooth ×バックカメラ
〈スロット〉
miniUSB、miniHDMI、microSD、イヤホンジャック、ACコネクタ

※細かい仕様は販売店のサイトでご確認ください。
good通販赤札天国のサイトへ

背面はこんな感じです。※バックカメラはありません。
Dscn1741

【製品構成】
MOMO9加強版本体
イヤホン
miniUSB-USB(メス)ケーブル
クリーニングクロス


※ACアダプター(これはパッケージ外?購入店舗によっては別売りかも?)
私の場合、パッケージの入って来たダンボールに入っていたので4日ほど気づかずUSBケーブルを使って充電していました。


メーカー保証書もありますが修理は実質的に無理かもしれません。
※中国へ商品を送る必要があるようです。送料自己負担なら新しく買った方がよさそう。

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
私の場合、別に買ったものとしては
・miniHDMIケーブル(薄型TVに接続するのに必要)
・microSDHCカード(16GB)※最大32GBまで対応らしいけど
・液晶画面保護シート(7インチ)※
※どうやら製品に初めから保護シートが貼られているようなので今は使っていません。

最近はMOMO9IIIIIという製品も登場していますが
加強版ではminiHDMIケーブル(別売)を使えばTV出力が可能ですが
加強版以外にはこの機能が省略されています。

Dscn1743

購入前に近くの家電量販店に行って7インチタブレットを見てきたのですが

やはりどうせならiPad並みの10インチ程度の大画面がいいかなぁと

思ったものの価格の安さにひかれて買ってしまったhappy01

実際この7インチという画面サイズは普段iPhone4の画面を

見ているものとしてはやはり見やすい!(当たり前)

iPhone4のRetinaディスプレイと比べて解像度の低さが気になるかなぁと

想像していましたが意外と気になりません。

YoutubeのHD画像の視聴ではPCのモニターで見るよりもキレイ?

但し中華Pad仕様のタッチパネルのタッチしたときの反応の遅さと

タッチポイントのズレにはかなりストレスを感じますannoy

タッチポイントのズレは調整が困難らしいのでこれは馴れるしかないのかも・・

具体的にはタッチしようとする場所よりも少し下をタッチしないといけません。
(でもこれは個体差があるようでズレないという人もいます)
※価格を考慮するとこれはしょうがないのかなぁ

Dscn1744
iPhoneでは画面が小さくて動画の長時間再生には向かないのですが
7インチくらいだとそれほど苦にならず1時間ほどの動画の視聴も快適です。
外部SDカードにPCから動画ファイルを転送してMX動画プレーヤーというアプリで視聴

動画の視聴には他にも家庭内LANのNASから見る方法や
PCの共有ファイルを見る方法などありますので後日紹介します。
(この機能はかなり重宝しています)

上の画像に映っているフロントカメラ(画面上部)でスカイプも利用可能です。
ただしバックカメラがないので資料のスキャンとかには向かないかもしれません。
最近はバックカメラ搭載の中華PadもありますのでMOMO9の後継機には搭載されるかも・・
まぁ1万円未満でこれだけの機能なら買って損したなぁという気はしませんねぇ。
ただ短期間の使用でもアップルのiPhoneといろいろ比較して
改めてアップル製品の素晴らしさも実感します。
(やはり余裕があればiPadが欲しいなぁ)

まだ購入してから1週間程度なのでこれからいろいろ使用感のレポをアップしますよ!

2012年6月24日 (日曜日)

鯉艸郷

十和田市にある手づくり村鯉艸郷(りそうきょう)へ行ってきました。
(撮影日:2012/6/22(金))

Dsc03872_1
ここは主に花を楽しむ観光スポットです。

広い園内には花菖蒲、ルピナス、芍薬が咲いていました。

一年のうちでもちょうど今頃が多くの花が咲く時期と重なっていて

県内ローカルニュースでも毎年話題となります。

ここは月ごとに入園料が変わって入園無料~\500(大人)まであるのですが

当然花の最盛期の6月7月は\入園料500となっています。
(8月-10月は入園料無料となり土日祝日営業で平日は要予約)

Dsc03851_1_2
▲ルピナスはこちらでは”立ち藤”と呼ばれることが多いですね。

Dsc03857_1
売店でルピナスの苗を2つ購入しました。
何色の花が咲くのかはお店の人でも分からないようです。

Dsc03858_1
▲こちらは芍薬(しゃくやく)です。
花のボリュームがあるので見ごたえがありますね。

Dsc03862_1
こちらも売店で1鉢購入しました。
買った鉢は深紅の花色のものです。

Dsc03877_1
▲花菖蒲は見ごろはもう少し遅くなりそうです。

Dsc03869_1
この色合いだと花札をイメージしてしまいます。

園内にはいわゆる山野草がいたるところに植えられていました。

流石に山野草を愛でるにはまだまだ若いですsweat01

Photo_2
ブログ冒頭の画像にある大きな藁葺き屋根の建物はこの村の

象徴的な建物で鯉艸亭というお食事処となっていました。

ここでは園内の水車で挽かれたそば粉を使用した

手打ちそばが名物らしいのですが

まだ昼食には時間が早いので

japanesetea抹茶とお饅頭のセット(\300)をいただきました。

こうした本格的な抹茶は十数年ぶり京都旅行以来です。

ただ抹茶の量が少し少ないような気がしたのが残念というかそういうものなのか?

Dsc03848_1
園内にはこうした滝もあり小川が流れ鯉が泳ぐ大きな池があります。

good手づくり村鯉艸郷のHPへ



大きな地図で見る

« 2012年6月17日 - 2012年6月23日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示