フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 地元TV番組に写真を投稿してみました。 | トップページ | 落語会 »

2012年7月 5日 (木曜日)

『城を噛ませた男』 伊東 潤著

時代物の短編集って個人的には大好きなジャンルです。

今回読んだ本は伊東潤氏の『城を噛ませた男』です。

初めは長編物かと思っていましたが実際は戦国の短編集でした。

Dscn17671
伊東潤氏の作品は初めて読みましたがいいですねぇ~(*^-^)

信長や秀吉、家康ら戦国時代の主役級の武将ではなく

あまり知名度の高くない人物がそれぞれの作品の主人公になっていてz

いろいろはじめて知ることも多くとても興味を引かれる作品です。

改めて各短編の主人公について更に詳しく知りたくなります。

ちなみに表題の「城を噛ませた男」とは真田昌幸(幸村の父)のことです。

他にもこの作品に登場する武将を知っていれば

歴女の尊敬を集めることが出来るかもね?

戦国時代物が好きな友人知人でまだ未読の方には是非お勧めできる一冊でした。

good光文社のサイトへ

« 地元TV番組に写真を投稿してみました。 | トップページ | 落語会 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/46169677

この記事へのトラックバック一覧です: 『城を噛ませた男』 伊東 潤著:

« 地元TV番組に写真を投稿してみました。 | トップページ | 落語会 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示