フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »

2010年7月18日 - 2010年7月24日の2件の記事

2010年7月24日 (土曜日)

iPhone 4 ケース提供プログラム始まる!

先日発表があったiPhone 4の電波問題の対策として

アップル社よりケースの無料配布の具体的なアナウンスがありました。

appleアップル iPhone 4ケースプログラムのサイトへ
 すでにBumper購入済みの場合の返金方法についても

専用のアプリを介してBumper又は他社製ケースを申し込むことになります。

このアプリがアイフォーン内の利用者情報、シリアルNoなどをチェックしているので

希望する商品をクリックするだけで申し込み完了となります。
(オンラインでキャンセルとかはできないようですので慎重に品選びをしてください)

当然、one台のアイフォーンでone回だけ申請可能です。

Img_0110

 

App名は”iPhone 4 ケース提供プログラム”でApp Storeからインストールできます。
(前述の公式サイトからもリンクしています)

上の画面のスタートボタンを押してiTunes storeのアカウントか

APPLE IDを入力して表示されるBumperかそのほかのケースを選択。

7/24現在、選べるBumperの色はのみです。

サードパーティー製のケースもカラーはクリア、スモーク、ブラックと

こちらもカラフルなものは選択できません。

またケースはストラップホール付のものはありません。

すでにeggshell(ストラップホール付)とTPU製ケースを持っているので

今回のプログラムで私は純正Bumperを申し込みました。

ケースもデザイン的には惹かれるものもあったのですが・・・

まだ納期等についてのメールは来ていませんが

やはり純正Bumperの人気が一番高そうで9月以降の出荷になるかも・・・

待っていれば他のカラー、ケースの追加などがあるかもしれませんが

悠長に待っているわけにも行きません(。>0<。)

2010年7月23日よりも前にiPhone4を購入した場合は2010年8月22日までに申し込み手続きを済ませておく必要があります。
それ以外の方はiPhone4購入後30日以内に申し込み手続きを済ませてないといけません。

上記のように申請期限が設定されているのでご注意をsign03

またアップルのサイトでは今回の電波問題に対する検証もUPされていました。

 thunderスマートフォンのアンテナ性能(アップル)
iPhone 4の他にBlackBerry Bold 9700、HTC Droid Eris
Nokia N97mini、Samsung Omnia II、iPhone3GSについて
手で握った際の電波の減衰状況を検証しています。


日本ではあまり話題になっていないiPhone 4の電波問題ですが

アメリカでモノを売る際のリスクについて考えさせられる問題ですよね

どこかトヨタ問題にも通じるような気もしないわけではないですthink

flairストラップホール付の人気ケースがeggshell for iPhone4です。
 (◎´∀`)ノ私も愛用しています(クリア)

純正のBumperはiPhone4のサイド以外はカバーしないため裏面も剥き出しとなりますが
eggshellには液晶面と裏面用の保護シートが付属しますのでケースを外してBumperを
装着しても裏面はeggshell付属の保護シートでカバーされます。

iPhone 4の白の発売が年内中と延期になりましたヽ( )`ε´( )ノ
この電波問題対策の新型アンテナの搭載に時間がまだかかるからなのか?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
2010年7月27日追記

アップルからBumperの納期連絡メールが届いていました。
私の場合7月23日の申請で8月31日出荷予定とのこと・・・

2010年7月19日 (月曜日)

純正バンパーが貰えるらしい?

すでにご存知の方も多いと思いますが

APPLE社は新型iPhoneの電波問題についての対応として

購入者全員に純正アクセサリーであるバンパーBumper

無償配布する方針を打ち出しました。

《iPhone 4の電波問題》
新型アイフォーンの側面のステンレスの部分はアンテナの役割を果たしていて
よーく見るとつなぎ目(切れ目)が3箇所あります。
この部分を持って通話すると受信状況が悪化するというもののようですが
持ち方を変えればOKとかケースをつけてアンテナをカバー(絶縁)していればOKとかいわれています。

今回無償提供されるBumperはiPhone 4専用のアクセサリーで定価¥2,800でした。

現在アップルストアでは注文できないようになっていて

アップルはiPhone 4 Bumperまたは他のケースをiPhone 4のお客様へ無料で提供します。詳細につきましては、間もなくapple.comのサイトにてご案内します。...

・・との一文が掲載されています。

Bumper自体はiPhone 4の側面(ステンレス製のアンテナ部分)をカバーする文字通りのバンパーです。

当然ながらこのバンパーを装着すると他のケースはもう装着できなくなると思います。

私はeggshellというケースを使っているので

バンパーをもらっても多分使わないと思います。

理由はoneバンパーにはストラップホールがないtwo裏面をカバーしていない・・・

でもfreeただなら一応もらっておこう(o^-^o)

どうせなら同価格のドックが欲しいなぁ
happy01


私自身iPhone 4の電波問題なんて特に意識していないし

未だ不便を被ったこともありません。(通話が途切れたこともなし)

私の場合、購入直後からケースを利用しているからなのかなぁ?

前述の通りステンレスバンドをカバーすれば問題はないとのことなので

アップルもバンパーを無償配布することにしたのですが・・・

でもアメリカでは訴訟まで起きていてちょっと大変そうです。

きっとAT&Tのインフラの問題では・・と考えたりしています。
(国土が広いくにはたいへん)

日本でボロクソにいわれているSoftBankの回線も

私の住んでいるこんな田舎ですらまぁまぁですよcoldsweats01
(思っていたより全然いいscissors

だいたい携帯のアンテナバーの表示だってあまり信頼していません。

auの携帯でも圏外表示でも通じたり逆にアンテナ1、2本立っていても通話不能だったりしていましたよ。

それでもOSのバージョンアップでアンテナバーの表示の不備(計算式の間違い)については対応済みのようです。

『iOS4.0goodiOS4.01にバージョンアップup

Img_0085

Img_0086

   左がバージョンUP前で   右がバージョンアップ後。

よ~く見ると画面左上のアンテナバーのデザインが微妙に変更されますeye

今回のデザイン変更はあまり評判がよくないようですが私は気になりません。

まさかアンテナデザインの変更で訴訟を起こす人はいないと思いますが・・

けっこう皆さん携帯には思い入れがあるのですね(^-^;

そういえばアップルは「Bumperまたはそのほかのケース」を無償提供するといっているので全員にBumperが配布されるのかは未定です。

そもそもBumperは品薄気味だったような・・・

最悪の場合、絶縁シールとか・・・

いずれにしても公式サイトでの詳細の発表を待たねば・・・・

appleアップルの公式サイト

Bumperが無償配布となるとこんな商品はどうなるのかな?

 

« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示