フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

2009年12月6日 - 2009年12月12日の1件の記事

2009年12月 9日 (水曜日)

『星間商事株式会社社史編纂室』 三浦しをん 著

こん〇〇はpaper

今回は読み終えたばかりの『星間商事株式会社社史編纂室』をご紹介です。

本作は『まほろ駅前多田便利軒』直木賞受賞、最近では『風が強く吹いている』が映画化された三浦しをんの新刊です。

      Dscn0407

中堅商社「星間商事株式会社」の窓際部署・社史編纂室を舞台に会社の上層部の意に反し社史から抹殺されようとしている過去のあまり表に出せない出来事を載せた会社の裏社史を密かにコミケで販売しようとする物語。

けっこう面白くストーリーが展開するかと思いきや・・・

ちょっと物足りなさが感じられる内容でした。

いままで三浦しをんの作品はとっても面白く読んでいたのですがこの作品についてはちょっと消化不良気味。

もっともっと話が面白く展開できそうなのに、パタパタと話が終わっちゃった感じです。

個人的には劇中に登場する中年おやじと若い男性の愛をテーマにしたボーイズラブ小説〈主人公の社史編纂室勤務のOLがコミケで製作している小説〉はちょっと受付られないと感じました。

他にも主人公についてはかなりうまく描かれているのに回りを取り囲む登場人物の描写が浅いので妙にバランスが悪いというか薄っぺらい印象・・・。

閑職に追いやられた登場人物たちの会社に対する反逆といったスカッとした痛快娯楽作品になりきっていないのが痛いwobbly

ベストセラーにランクインするほどの作品なのにちょっと残念・・・

他の人はどう感じているのかな?

ちょっと厳しい感想ですが今回はあまり他人には進めできないなぁ~catface

もう一冊、図書館で三浦しをんの最新作『まほろ駅前番外地』(まほろ駅前多田便利軒のスピンオフ作品)も借りてきたのですがこちらの作品には期待したいところです。

 

« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示