フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年3月1日 - 2009年3月7日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »

2009年3月8日 - 2009年3月14日の2件の記事

2009年3月13日 (金曜日)

『訣別の森』 末浦 広海 著

『○○の森』とくると熊谷達也氏のシリーズ小説を

どうしても思い浮かべちゃいますが全くが関係なくて

こちらは末浦広海氏の第54回江戸川乱歩賞受賞作となった作品です。

訣別の森

book講談社BOOK倶楽部ではこの『訣別の森』について
「乱歩賞史上、最もロマン溢れるミステリー!」と打ち出しています。
まぁ出版元なんで多少割り引いて受け止めた方がよさそうですが・・

作品の内容はアマゾンの「訣別の森」 の商品紹介をご参考にしてください。

ドクターヘリ自然環境保護オオカミ世界遺産

 自衛隊っていうのがこの作品のキーワードで

多少ハードボイルド的要素もあるミステリー作品となっています。

巻末には江戸川乱歩賞の選考委員である

人気作家による選考作品の寸評も掲載されていて

プロの視点でこの作品も含めて今回の候補作全般に

かなり厳しく評価されているのがわかります。

本編を読み終えたあとにこれらの選考委員の評価に

目を通してみると私が読んでいる最中に漠然と

感じていたものが何であるかが理解できました。

ここで個人的な感想をいうと・・・・・・・

壮大なストーリー展開を予想させる伏線あったのに

それらがほとんど結実していないため

とっても物足りなさを感じてしまった作品でした。

最近流行の一種の環境テロを扱っていて

こちらがもっと狂気的な進展をすれば面白かったような気がしますが

そこまでいかずに主だった犯罪者がパタパタと死んでしまうので

結局大事に至らずよかったね!的な結末にも不満です(`ε´)

ちょっと乱歩賞受賞作とは看板倒れかな・・・・とは這い過ぎかな?

それでもきちんと最後まで読んだのでやはり

基本の線は”いい線いっている”という証でしょうか。

余談ですが作品中に北海道犬が登場するのですが

こうしたハードボイルド的要素の作品+犬とくると

昨年読んだ「ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)」を

ついつい思い出してしましたヽ(´▽`)/

ちなみにこの訣別の森の原題は「猛き咆哮の果て」というものでした。

こっちのタイトルの方が良かったような気もしますが・・・。

また同時受賞作はこちら▼です。

誘拐児 Book 誘拐児

著者:翔田 寛
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

good江戸川乱歩賞いついてはこちらを(Wikipediaへ)

ちなみに過去の受賞作で私が読んだ作品は・・

第47回受賞作である高野和明著『13階段』だけでした。

この作品は今でも印象に残っている作品で

まだ読んでいない人にはお勧めしますよsign01

 

2009年3月11日 (水曜日)

本の雑誌『ダ・ヴィンチ』4月号 特集は海堂尊ですよ

もうこのまま春になるんだ~と油断していたら・・・・・・

 こ の 有 様 で す。_| ̄|○

P1020963P1020964_2

今日は屋外での作業はキャンセルです。(風も強いしね)

本当なら昨日の続きで先日の爆弾低気圧の猛烈な強風で

壊された家の塀とウッドデッキの修理の続きを

したかったのですがさすがにこれでは無理ですね。

気温も最高気温が1度程度と予想されています。

今日は図書館から借りている本をペースを上げて読めそうです。

現在、借りている本はこの3冊です。

ファミリーポートレイト Book ファミリーポートレイト

著者:桜庭 一樹
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

地図男 (ダ・ヴィンチブックス) Book 地図男 (ダ・ヴィンチブックス)

著者:真藤順丈
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

訣別の森 Book 訣別の森

著者:末浦 広海
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あと10日ほどで貸し出し期限をむかえます。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
そういえば今月号の『ダ・ヴィンチ』の特集は
    海堂 尊
ですね!ヽ(´▽`)/

  ダ・ヴィンチ 2009年 04月号 [雑誌]
表紙は映画版の白鳥&田口コンビです。

海堂作品における白鳥&田口コンビの活躍の奇跡も紹介されています。

また海堂尊の特別書き下ろし短編も掲載されていますので

私のような海堂尊ファンとしては必読です(・∀・)ニヤニヤ

映画版には興味がありませんが一応告知を

movie映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』公式サイトへ

私は原作の登場人物と映画のキャスティングがイマイチマッチしない気がしているので映画の方は見ないことにしていますpout

映画化ということで男同士のコンビよりも男女の方が
受けがいいと思っての田口医師役を竹内結子にしたまではいいと思いますが
厚労省の火喰い鳥こと白鳥役に阿部寛さんのキャスティングは
見た目重視過ぎて、ちょっと・・・
原作のイメージと
あまりにもかけ離れているような気が・・・
あくまでもこれは私見ですので気にしないでください。

しかし映画の予告編ムービーを見る限り面白そうですよcoldsweats01

happy01映画のbook原作はこちらから購入できます。【アマゾン】

 

 

 

 

 


« 2009年3月1日 - 2009年3月7日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示