フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おいらせ町(青森県)のガンダム立像にシャアザクも追加! | トップページ | 春なのに~♪ »

2009年4月22日 (水曜日)

小学生向け国語辞典が人気らしい

今日のYahoo!ニュースの記事の中に

国語辞書が小学生に大ブーム ユニーク学習法がきっかけ(産経新聞)というトピックスを見つけました。

最近は小学生でも電子辞書を持つ時代、中高生も当たり前、大学生やビジネスマンにいたっては必須アイテムになりつつあるそうです。
そうは言ったもののもう何年もビジネスの現場から離れているので人から聞いた話ということで・・・・

そういえば私のいとこも資格試験のために上京した際に試験会場で多くの人が電子辞書をもっていたのを見てつい先日ネットで買いました。

ほぼ毎晩、小説を読んでいる私も本の中に出てくる漢字や言葉の意味を調べるのに電子辞書があれば便利だろうな~と常日頃考えています。
特に読み方の分からない漢字を手書き入力で調べることができる機能をもった電子辞書が欲しいのですがそうなると安いモデルでも2万円近くします。
moneybag定額給付金だけじゃ買えません(;ω;)

▲価格と機能を考えればこのタイプが欲しいのですが・・・

話を記事に戻すと・・・

最近は少子化や電子辞書の隆盛に押されている辞書業界のなかで小学生向けの国語辞典up売り上げを伸ばしているそうです。

私が小学生の頃は5,6年生になって国語の授業で確か家から国語辞書を持って来て辞書の引き方を先生から習った記憶があります。
でも実際に授業中に辞書を引いて意味を調べるなんてことはしなかったと思います。

読めない漢字や意味の分からない言葉は
先生に聞けば教えてくれるので
わざわざ辞書を使うといった発想が無かったのかな?

現在の小学生向け辞書のブームの火付け役は
「辞書引き学習法」という辞書を使った勉強法らしい。

これは自分で辞書を使って調べた言葉をポストイットなどの付箋紙に書いて該当する辞書のページにしおりのように貼るだけという簡単なことなのですが・・・・

こうると当然、辞書をたくさん引けば引くほど付箋紙が辞書に貼られて分厚くなるのですがこれが子供にとっては充実感をともなってますます学習意欲が自主的に沸いてくるとのこと

たしかに辞書が厚くなって自分流にカスタマイズされた感じになるし友達と競争したりするかも・・・

私が中学生の頃なんかは英語の辞書を授業で持ってきてもただひたすら汚さないようにいつも買った時と同じようにぴかぴかにしていた女子なんかもいました。
それこそ授業で使った後は消しゴムで汚れを落としたりして・・・・

それとは真逆のことが今小学生の間で流行しているなんて
学力低下云々といった状況は改善傾向にあるんじゃないの?

最近のおバカタレントブームで漢字が読めない、日本語の意味が通じなくても笑って済まされちゃう風潮に違和感を持つ身としては密かに応援したくなっちゃう話題です。

さてこの「辞書引き学習」の考案者である
 立命館小学校の校長先生の著作はこちら
(アマゾンで購入できます。送料無料)

タイトルからすると小学校入学直後から辞書引き学習を始めた方がいいみたいですね!
実際にこの辞書引き学習を導入する学校も増えているそうです。
good立命館小学校レポート(くもん出版のサイトへ)
good「辞書引き学習の立命館小訪問記(三省堂ワードワイズウェブへ)

私も机上に辞書が数冊並んでいますが最近はあまり辞書を引くことがなくなりました。
英単語やちょっとした漢字なら携帯電話に内蔵されている辞書で用が足りちゃいます。
また携帯電話のカメラ機能をつかって撮影した英単語や漢字の意味を調べる機能も私の携帯電話にはあります。
これらの機能は確かに便利なんですが紙の辞書を引く時のメリットは目的の単語以外の意味も人目で分かる(一覧性)があるので勉強という意味では紙の辞書の方が優れているような気がします。
昔はビジネスの世界で一時、電子手帳がブームになったことがありますが最近はあまり持っている方を見かけません。
bookスケジュール管理にしても手書きの手帳の方が一覧性があって便利だからだと思います。

ただ学習に関しては例えば語学の電子辞書は発音機能がついていてkissmarkネイティブの発音を聞くことができるのでこれこれで便利です。
また前述した通り読めない漢字を手書き入力で調べることができるのは電子辞書ならではの機能。
まぁ紙と電子の辞書を使い分けを上手にして勉強に役立てるというのが賢いのかな?happy01

何事も一つで済ませようというのは実は考えものです。
この春にpresent入学祝いや進級祝いで電子辞書をプレゼントした親御さんも紙の辞書もお子さんに持たせましょう!(◎´∀`)ノ

辞書はけっこう長持ちするのです。
私の辞書はほとんど高校の時に買ってもらったものです。
(それだけ使わないで過ごしたという証か?)

それともしかしたらボケ防止にもなるかも?
付箋に言葉を手で書いて辞書で調べるといった一連の作業は脳に新しい情報をインプットするので脳の機能低下の歯止めになると思います。
早速、老人会や実年教室で普及させるべき!

« おいらせ町(青森県)のガンダム立像にシャアザクも追加! | トップページ | 春なのに~♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/29223501

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生向け国語辞典が人気らしい:

« おいらせ町(青森県)のガンダム立像にシャアザクも追加! | トップページ | 春なのに~♪ »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示