フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 春なのに~♪ | トップページ | 参考書に間違い215か所!「真島のわかる社労士」を回収(読売新聞) - Yahoo!ニュース »

2009年4月30日 (木曜日)

新型インフル対策には”知識のワクチン”を!

とうとう我々は新型インフルエンザのパンデミックを迎えつつあるようです。

これまでドラマや映画、書籍でさんざん危機として警鐘を受けてきたのにいざ現実のものとなると少し現実感のないような気分です。

この記事を書いている現在は新型インフルエンザのWHOの警戒レベルはフェーズ5の段階です。
フェーズ5-6の段階では”パンデミック”という世界的流行段階に突入しているといっていいようです。
新型インフルエンザといえば”鳥”とばかり思っていましたが”豚”とはねぇ~。
でも最近の報道では当初のように”豚”インフルエンザという表現を使っていません。
まだ発生源が豚と確認されたわけではなくあくまでも豚のインフルエンザにどちらかというと近い・・といったレベルだそうです。

新型インフルエンザは100%鳥インフルエンザが起源となるとのことですが鳥と人間のインフルエンザが豚の体内で変異することもあるそうです。

hospital国立感染症研究所 感染症情報センター

building厚労省 新型インフルエンザのページ

pc政府インターネットTV(新型インフルエンザ~パンデミックに備えて~) 

これまでに出版されてきた新型インフルエンザに関する書籍のほとんどが新型インフルエンザの発生源を”鳥”とみなして書かれているようですね。

私は今、2冊だけ新型インフルエンザ関連の書籍を持っています。
どちらもまだ読んでいないのですが・・・。

1冊目はアマゾンでしか購入できないという本というか小冊子といった感じの本です。
その名も「知識のワクチン 新型インフルエンザ予防マニュアル」。

これは新型インフルエンザについての番組によく登場される岡田晴恵さん監修のものです。
20ページほどの冊子で¥210でアマゾンで購入しました(現在は購入不可能みたいです)。
パラパラと簡単に読めそうですので文字通り「知識のワクチン」として一読するのには最適です。
こういったものを全国民に向けて配布してもよいのでは?と思います。

もう1冊も
同じく岡田晴恵さんの著作です。
新型インフルエンザ関連の書籍では岡田さんの著作が群を抜いて多いです。
国立感染症研究所の研究員という肩書きをおもちです。

こちらはかなり危機意識を喚起させる内容です。
私自身、”パンデミック”という言葉を知ったのはNHKの新型インフルエンザを題材にしたスペシャル番組でした。
ちょうど国内でも鳥インフルエンザの話題で盛り上がっている頃の放送でとってもタイムリーな番組でした。
いざ目の前の現実として新型インフルエンザの発生→世界的流行(パンデミック)が起こってしまいまずは正しい知識の吸収に努めなければいけません。

« 春なのに~♪ | トップページ | 参考書に間違い215か所!「真島のわかる社労士」を回収(読売新聞) - Yahoo!ニュース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/29372011

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフル対策には”知識のワクチン”を!:

« 春なのに~♪ | トップページ | 参考書に間違い215か所!「真島のわかる社労士」を回収(読売新聞) - Yahoo!ニュース »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示