フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »

2008年10月5日 - 2008年10月11日の3件の記事

2008年10月11日 (土曜日)

立佞武多の館 見学記

先月、五所川原市にある大型観光施設”立佞武多の館”に行ってきました。happy01

立佞武多と書いて”たちねぷた”と読みます。

でなくです。(弘前ねぷたとおなじ)

青森・第三のねぶた(ねぷた)が五所川原の立佞武多です。

P1020120_2 P1020121
 ▲青森ねぶた          ▲弘前ねぷた(扇ねぷた)

 P1020110

▲立佞武多は文字通り立位像型のねぶたで高さは約20m超。

ガンダムに登場する標準型のモビルスーツ(全長18m)を超える大きさがあります。

昨年は小型のガンダム立佞武多も製造されました。

Img_new_2
▲立佞武多の館の外観(パンフレットより)

good立佞武多の館(営業時間、入館料などチェック)

五所川原市の中心街にひときわ聳え立つ建物が立佞武多の館です。
すぐ前が五所川原のメインストリート・・・というには少々寂しいアーケード街(シャッター店舗多し)ですぐ裏には小規模な飲み屋が軒を並べる小路があります。

この建物の中に祭りで使われている立佞武多が3体入庫しています。

常時ここに来れば立佞武多を見ることができます。

P1020099

入り口をくぐるとすぐ目の前に巨大な立佞武多が現れ、その大きさに圧倒されます。

祭りの期間中はこの巨大な立佞武多が夜の街を練り歩きます。

さらにエレベータで最上部(4F)へ上るとそこは立佞武多の顔を見下ろすほどの高さとなっていてあらためてその大きさに驚かされます。

展示室の最上階4Fから立佞武多をらせん状に取り囲むようにスロープが階下へと続いていてその壁面に立佞武多の歴史や解説の展示があります。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

P1020114

▲スロープの途中、何箇所かこのように床面につなぎ目があります。

P1020112

この部分は跳ね上げ式の橋と同じ構造になっていて展示室内の立佞武多を建物の外に搬出する際に跳ね上がります。

この立佞武多の館は展示を中心にした観光施設のほかに立佞武多の製作工場を兼ねていて、パーツごとに館内の工房で製作してこの展示室の天井にあるクレーンで下から順番に組上げていく仕組みになっています。

P1020109

▲展示室の天井部分に設置してあるクレーン。

まさにガンダムのモビルスーツ格納庫!

10_11_0祭りの期間中は、こうして
建物の外壁の一部がスラ
イドして展示室内から立佞
武多が街へと出陣。

是非この光景は一度は生
で見て見たいと思います。
ヾ(*゚A`)ノ

立佞武多の寿命は3年。
祭りに3回出れば解体され
新たに新しい立佞武多が
製作されます。

きちんとローテーションが
組まれていて常時3体が
ここに展示されています。

それにしても写真の下の
方に写っている人々と比
べてみるとあらためてそ
の大きさが分かりますね

good公式ブログ

(左の写真はパンフより)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
展示室の出口近くには地元出身の吉幾三さんの等身大パネルが・・・

P1020149_2

『おら東京さいぐだ』の歌詞にも「うまれ青森、五所川原~」とありますね。
歌詞に歌われているほど田舎でもないのですがそれでも過疎化は確実に進んでいます。

empty専用駐車場は立佞武多の館の裏手にあるNTTの裏にあります。
※入館チケットを出庫時に係員にみせると2時間までなら駐車料金が無料になります。

大きな地図で見る

2008年10月 9日 (木曜日)

『切羽へ』 井上 荒野 著

good今年(2008年)のshine直木賞受賞作です。

すっかりミーハー感覚で図書館で借りちゃいました。

こうした新刊&話題作〈直木賞受賞〉も比較的早く入庫して難なく借りることができるのはさすが田舎の図書館!都会の図書館じゃありえません。(順番待ち必須)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

切羽(きりは)とは炭鉱のトンネルの最先端部のこと・・・と何かの解説で覚えていたのですが、広義で”もうこれ以上先に進めない場所”という意味もあるようです。

ちなみに「切羽詰まるとセッパと読むと日本刀の柄と刃の間の楕円形の金物をいうそうです。

瀬戸内の小島に夫とともに暮らす主人公が突然現れた不思議な男に惹かれ・・・・というごく普通の不倫ものとならないのがさすが直木賞!といったところでしょうか?

夫に何の不満も持たない女性がこうも無意識のうちに他の男性に惹かれるものか?

未婚の毒男には理解の範囲を超えております。

どちらかというと夫婦間の恋だとか微妙な男女の心理描写とかは苦手なジャンルなのでお勉強のつもりで読みました。

ということで強くお勧めというわけでもないのですがいろりろ考えながらじっくり読むとよさそうです。(どちらかというと女性向けかな?)

切羽へ Book 切羽へ

著者:井上 荒野
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

当然、ストーリー展開も派手なものではなく

しっとりと流れていく時間の中での密かな心の動きを理解できるような大人向きの作品です。
著者の井上 荒野(あらの)さんのお父上は小説家・井上光春という有名な作家さんだそうですが、ちょっと硬派な社会派作家ということ私は全然知りません。

good井上光春(小説家)Wikipedia

good井上荒野(小説家)Wikipedia

2008年10月 6日 (月曜日)

商魂まつり

10月4日(土)-5日(日)の2日間、地元の商工会主催の『商魂まつり』が開催されました。

この時期、青森県内各地では産業祭り、収穫祭など商工イベントが盛んに行われています。

新鮮な野菜、魚介類、農産加工品などが市価よりもかなり安く買えるのでどのイベントも大盛況です。

商魂祭りでは旧道(メインストリート)の一部を歩行者天国にしていろいろな出し物を見せたり各商店の店頭でワゴンセールや特売をしたりとしています。

初日は稲刈り作業で参加できなかったのですがマグロの解体実演もあったようです。

Ca3a0089

イベントの一つに白バイ&パトカーの体験試乗?というコーナーがありました。
私はまだ路上で白バイに停められたことはありませんが後学のために細部までしっかりと見ておきました。(何のために?)

Ca3a0090

パトカーにも試乗ができます。

青森県警の車両には白鳥をデザインしたものが描かれています。

搭載している拡声器を使って子供たちが遊んでいます。

「そこの○○くん、止まりなさい」などとパトカーから声がかかると少しドキッとしますね。

乗っているこどもたちに「悪いことをしたら後ろの席に乗せられるんだよ」と脅かしたら、「後にはおまわりさんのお弁当が乗っているんだよ」と答えが帰ってきました。

後部座席を覗いたら確かに主催者から配られたであろうお弁当が乗っていました。

しかし、ここまで自由に無線機などの車内装備を子供にいじらせているということはこの車両は現役車両ではどうやらないようです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日のイベントの目玉の一つが商工会スタンプを貼った台紙1枚で1回サイコロを投げて出た目に応じた商品券が貰えるというゲームに挑戦できるというもの。

Ca3a0096_3

一人台紙2枚まで使えるので参加者はほぼ台紙2枚を使ってサイコロを2つ投げます。

通常はスタンプを台紙1枚に貼ると500円の金券として町内の加盟店で使えるのですが、今日のイベントでは最低でも600円の金券、最高で5,000円の金券が当たります。

サイコロの”1”がでると5,000円の金券がもらえます。逆に”5””6”だと600円の金券となります。

それでも100円お得です。(通常はスタンプ台紙1枚で500円)

我が家では自分と母親が参加して計4回サイコロを投げて合計6,600円分の金券が当たりました。ヽ(´▽`)/

使用期限が短いので何に使うか迷います。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Dsc02757

南部手踊りというこちらの地方で盛んな郷土芸能の踊りの披露もありました。

手拍子やハヤシの掛け声が場を盛り上げ賑やかです。

Dsc02815

最後は”よさこいソーラン”で締めくくりです。

よさこいソーランはもう県内イベントでは欠かせない演目となっています。

それにしても観客は高齢者ばかりです。(。>0<。)

« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示