フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『忍びの国』 和田 竜 著 | トップページ | 2009 今年もよろしくお願いします »

2008年12月22日 (月曜日)

ホワイトクリスマスになるかな?

昨日の日中から断続的に降り続いた雪が今朝はこんな状態に・・・・

Ca3a0170 Ca3a0176
今朝は最低気温が1,2℃もあったので今回の雪もかなり湿った雪です。

こちらでは平地でもスキー場のようなパウダースノーが降り積もったりするのですが、このように水分を多く含んだ湿った雪は重さが半端じゃないので雪掻きはいつもに増してかなりの重労働になります。
今日は日中の気温も零度を下回ることはないとのことですからこの程度なら自然に融けてくれるかも・・・

Ca3a0175
今朝も明け方、暗いうちに除雪車が出動したので通勤通学時間帯にはこの写真のように道路のアスファルトが見えるくらい綺麗に除雪が済んでいます。
その代わり道路脇にはこうして道路からの雪が山積になってしまうので家への出入り、クルマの出入りのためにそれぞれの家庭ではこの”お土産”を片付けなければなりません。

Ca3a0173
このまま放置すると再凍結してしまってもう簡単には除雪できなくなってしまうので朝一番の作業は、まずこの雪片付けからです。
時々、雪だるまほどの大きさの雪の塊が置かれていたりするのであせります。

また大雪の日は何回も除雪車が通るのでせっかく雪片付けをしてもまた道路の雪が寄せられることもあり、こうなると旧共産圏の政治犯が受ける罰が思い出されます。
その罰というのは、大きな砂山をスコップなどを使い人力で何日もかかって隣に移しその作業が終わると今度はもとの場所へ再び砂を移すように命じられるそうですweep

こうして東北人は忍耐強くなっていくのでしょうか?

ここら辺は人家もまばらなので除雪だけで終わるのですが市街地ではさらに排雪といって除雪した雪をダンプなどで行き捨て場まで運ぶ作業があります。
毎年、膨大な費用がかかるのですが、こうした作業が冬場の土木業者の貴重な収入源となっているので一概に無駄だとかいえません。

ここ最近は12月にしては穏やかな天候が続いていたので今年も雪のないクリスマスになるのかなぁ~と気にしていましたがこの分だとホワイトクリスマスになるかもxmas

やっぱりクリスマスだけは雪があったほうが雰囲気がいいんだよね(*^-^)

« 『忍びの国』 和田 竜 著 | トップページ | 2009 今年もよろしくお願いします »

青森・下北半島の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/26397628

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトクリスマスになるかな?:

« 『忍びの国』 和田 竜 著 | トップページ | 2009 今年もよろしくお願いします »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示