フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブックカバー | トップページ | 十和田湖 湖面上の県境が137年経ってようやく確定 »

2008年9月10日 (水曜日)

『太陽の塔』 森見 登美彦 著

最近は京都を舞台にした作品を多く読んでいるような気がします。

立て続けに読んだ万城目(まきめ) 学氏の『鴨川ホルモー』とそのスピンオフ作品『ホルモー六景』、その前は森見 登美彦氏の『有頂天家族』です。

でもって今回も森見 登美彦氏の作品『太陽の塔』です。

太陽の塔 太陽の塔

著者:森見 登美彦
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大阪万国博覧会のシンボルであった岡本太朗の巨大オブジェ”太陽の塔”自体は大阪にあるのですがこの作品の主人公が通うのがかの京都大学ということです。

う~ん。読み終わってからだいぶ時間が経過してしまったのですが、あまり詳しく内容を整理できていません。

正直、あまり内容を覚えていないというのが事実。

もてない大学生が付き合っていた彼女が太陽の塔が大好きで、そんな彼女からふられた主人公がストーカーまがいの行為をしている最中、彼の前に立ちはだかった一人の青年。彼もまた一方的に彼女に恋心を抱きながら告白ができないでいたのであった・・・。

まぁ大雑把にこんなあらすじだったか?

(A;´・ω・)アセアセ

作品的には前に読んだ『有頂天家族』の方が数倍面白かったかなぁ~。

有頂天家族 Book 有頂天家族

著者:森見 登美彦
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

・・・・・ということで▲こちらをお勧めしますヽ(´▽`)/




« ブックカバー | トップページ | 十和田湖 湖面上の県境が137年経ってようやく確定 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/23374108

この記事へのトラックバック一覧です: 『太陽の塔』 森見 登美彦 著:

« ブックカバー | トップページ | 十和田湖 湖面上の県境が137年経ってようやく確定 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示