フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『重力ピエロ』 伊坂 幸太郎 著 | トップページ | 『のぼうの城』 和田 竜 著 »

2008年7月26日 (土曜日)

『東京島』 桐野 夏生 著

人気作家・桐野夏生さんの最新作がこの『東京島』です。

東京島 東京島

著者:桐野 夏生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ベストセラーランキングにも登場していて書店の平積みコーナーで目にしている人も多いかと思います。
世界一周航海の途中に難破して無人島に漂着した日本人夫婦のもとにある日、多くの日本人の若者が同じように漂着。彼らはこの無人島にトウキョウと名前をつけて誰も助けに来ない絶望的状況の中、サバイバル生活を始めます。
このトウキョウ島には女は清子ただ一人。
ハーレム状態のなか主人公・清子の人生は・・・・・そしてトウキョウ島の住民は脱出して日本へ帰れるのか?

何もない無人島でどのようにコミニュティーが生まれ育っていくのかという点で読んでみても面白い作品です。

無人島での生活をテーマにした海外ドラマも人気となっている昨今、狙い通り(?)に売れています!

ラストは意外な展開で続編も期待できるような内容です。(もし続編がでたら絶対に読みます!)

無人島ものってなんだかワクワクしちゃうのは子供の頃に読んだ作品の影響なんですかね?

大ベストセラー作家の桐野作品を読むのは意外にも本作品がはじめてです。

やはり売れる作家さんであるというのが納得できます。

« 『重力ピエロ』 伊坂 幸太郎 著 | トップページ | 『のぼうの城』 和田 竜 著 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/22534966

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京島』 桐野 夏生 著:

» 第44回谷崎潤一郎賞は桐野夏生の東京島 [及川的大人のブログ]
第44回谷崎潤一郎賞は、 桐野夏生さんの「東京島」に決まりました。   受賞作「東京島」は、南海の無人島「トウキョウ」に漂着し 30人以上の男性との逆ハーレム状況に置かれた女性が、 男たちの寵愛を受け、 ときに異端視されながら生き抜いていく物語です。 ....... [続きを読む]

« 『重力ピエロ』 伊坂 幸太郎 著 | トップページ | 『のぼうの城』 和田 竜 著 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示