フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『県庁の星』 桂 望実 著 | トップページ | 結構揺れました »

2008年6月 8日 (日曜日)

一秒の言葉

今から23年前の1985年の大晦日に民放の「ゆく年くる年」という番組内でたった1度だけ流された60秒のCMが、この6月10日の時の記念日に民放BSデジタルでリメイク放送されます。

新たな映像、ナレーションでハイビジョン撮影された最新版だそうです。


「はじめまして」/この一秒ほどの短い言葉に

一生のときめきを感じることがある。

「ありがとう」/この一秒ほどの短い言葉に

人のやさしさを知ることがある。

この美しい詩に映像が重ねられたCMで当時大変話題になり最近でも小学生の道徳の副読本にも採用されたとのことです。

私もこのCMのフレーズは記憶にあってCMの映像の方は忘れてしまったのですが、この詩は確かに覚えています。当時、私はまだ高校生でした。

そんな昔にたった一度だけ見たCMのコピー(詩)が今でも記憶の片隅にでもしっかり残っているなんて凄いと思います。

このCMはセイコーの製作したもので当時は大晦日の夜に日付を跨いで民放各局が同時刻に共同で放送していた「ゆく年くる年」の中で使われたものだそうです。

たしかに当時はこの番組を見て年越しをしていた記憶があります。

たぶん午前0時までのカウントダウンの60秒間の放送だったのでは・・・

この時間は視聴者もテレビの前で真剣に放送を見ていたはずなので記憶に残っているという人も多いのではないでしょうか?

普段はライバル同士の民放が一年に一回だけ共同で番組を制作してオンエアするというなんだか非日常的な時間を一年でも特別な時間である大晦日の深夜に見るということがとっても好きでした。

今は大晦日でもこの様な光景は見ることができなくなって少し残念です。

この詩の作者は当時広告マンをしていた小泉吉宏氏です。
以前かなり話題になったこの本▼の作者です。

ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある

著者:小泉 吉宏
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今年の時の記念日(6/10)のBSデジタルでの放送も各局1回だけの放送とのことなので見ることができればかなり”レア”な体験です。

★この話題についての記事へ

★セイコーの「一秒の言葉」のページへ
※このセイコーの特設サイトで映像を見ることができるそうですがこの記事を書いている現在はアクセス集中のためサイトに繋がりません。

« 『県庁の星』 桂 望実 著 | トップページ | 結構揺れました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/21491465

この記事へのトラックバック一覧です: 一秒の言葉:

« 『県庁の星』 桂 望実 著 | トップページ | 結構揺れました »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示