フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »

2007年6月24日 - 2007年6月30日の5件の記事

2007年6月30日 (土曜日)

『書店ポップ術-グッドセラーはこうして生まれる』 梅原潤一 著

書店ポップとは本屋さんの平積みコーナーなどで本と一緒に添えられている店員さんのお手製POPのことです。
どの本がいいかなぁ~と迷っているときに参考にしている人も多いのでないでしょうか?
最近はこの書店ポップから口コミで人気が広まりベストセラーになる作品も出ています。

私も時々自分で読んだ本の紹介をこのブログにUPさせてもらっていますが、同時にamazonのアフィリエイト広告(主に本の表紙画像)を貼っているのですが、さっぱり売り上げがあがりません。
そこで、日本一の書店POPライター(?)である著者の技を少しでも盗むべくこの本を読んでみました。(動機が不純です)

 

書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれる Book 書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれる

著者:梅原 潤一
販売元:試論社
Amazon.co.jpで詳細を確認す

数多い書店の店員さんのなかでも著者はカリスマ店員と称されるのにふさわしい実績の持ち主です。
彼が自分の店の店頭に出したお手製POPを出版社が大量に印刷して全国の書店の店頭に並べると売り上げが伸びるそうで、まさに書店POP界の優れたコピーライターです。

そして偶然にも、この本に収録されたポップを書いた当時に著者が勤務していた書店というのが私が長年通った川崎駅前「アゼリア」地下街にあるお店でした。
そうこの本を見ていて、どこかで見たような字体とデザインだなぁ~と既視感を覚えたのも当然でした。

話が少し脱線しました。

私は書店ポップという物は、作品を実際に読んだ店員さんの読書感想文の短いものか?と漠然と考えていましたが、著者のポップは、そのような読書感想文ではなく、まさに売るための小さくも最も効果的な広告です。
たしかに他の店員さんが書いた書店POPには「読んでみて感動しました!ぜひこの感動を貴方にも!」的な表現のものが多いように思われます。
これって映画の試写会での反響の声と同じですよね。
本当に単にセンテンスが短い書店員さんの感想文です。

でもこの著者のポップには現場レベルでの視点の入ったマーケティング戦略が練りこまれていて、そこに著者の絶妙なコピー(宣伝文句)が展開されています。
最大の目的は、まさにポップを見た人が本を買う行動をとってくれること!

私にはまだまだ到底足元にも及ばないでありです。

彼のポップが売り上げに直結しているのも、本の紹介というレベルではなく本を売るための仕掛けが組み込まれているポップだからでしょう。
・・・・というわけで読んでみて参考にはなりましたが真似はなかなかできそうにありません。
したがって当面、従来どおりの稚拙な文章での私の読書評?は続きます。

でも、あらゆるアフィリエイトでも実に参考になる内容の本でした。

※著者が勤務する有隣堂は横浜・川崎地区を中心に店舗を展開している大型書店です。
私が住んでいた川崎には、以前、駅前に3店舗も大型フロアのお店がありました。
青森の特に田舎に住む身となった今では書店POPに触れる機会もめっきり減りましたのでこの記事に登場する著者以外の店員さんのポップについては5,6年ほどまえの私のイメージです。

続きを読む "『書店ポップ術-グッドセラーはこうして生まれる』 梅原潤一 著" »

2007年6月29日 (金曜日)

ボーナス明細書の裏に広告

今日は国家公務員に夏のボーナスが支給されたようですね
社会保険庁の職員などは一部自主返納するようですし、阿部首相も一部を自主返納するみたいです。
青森県でも県庁職員に夏のボーナスが支給されました平均で86万円だそうです。
地方では役所が一流企業なので、恐らく民間でこの水準を上回るボーナスを支給できるところはないと思います。
景気が上向いているという話は都会だけの話でまだまだ地方では実感できません。
その証拠に今でも賞与支給なしあるいは1ヶ月未満という人が私の周りにもたくさんいます。

さて最近はお役所仕事も合理化が進んでいて、こんな取組をしている自治体もあります。

ボーナス明細書に広告 新たな財源確保
6回掲載で43万円が収入に /千葉:松戸市(毎日新聞6/29)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070629-00000126-mailo-l12

以前、広告付きのハガキが売り出されていました。
懸賞応募なんかには5円(広告分)安いだけでも助かるので大量に買い込む人もいました。それでも最近はあまり見かけないなぁと思っていたら町の郵便局の窓口で広告付きハガキの販売告知が出ていました。

大学生が使うコピー機の用紙の裏に企業広告を印刷してコピー代をタダにしてしまうというサービスもあります。(過去の記事参照)

06_20_0そういえば今年の自動車税(県税扱い)の納税通知書には、広告スペースがありました。
中古車売買業者の広告ですが、この広告収入のお陰で事務経費削減につながります。
なんといっても青森は国内トップクラスの貧乏県です。

2007年6月28日 (木曜日)

サービス開始初年度のみ全加入者に履歴通知


全加入者に履歴通知
年金記録漏れ対策で来年度
-社保庁
(時事通信:6/28)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070628-00000132-jij-pol

社会保険庁は『ねんきん定期便』の本格導入の2008年度については、当初35歳、45歳と58歳以上の被保険者のみに年金の詳細な加入履歴を通知するとしていましたが、初回のみ全被保険者に拡大することを決めました。
被保険者全員の年金加入履歴を通知するのにどのくらいのコストがかかるのかは分かりませんが、できれば希望者には次年度以降も通知して欲しいです。
ネット環境がある方は引き続き社会保険庁のHP(ここをクリック)でチェックできますからね!

2007年6月27日 (水曜日)

警視庁湾岸署が実現

TVドラマ『踊る大走査線』の舞台だった警視庁『湾岸署』。
お台場をはじめとするウォータフロント地区を所轄とする警察署という設定で、もちろん実在するわけではありません。
しかし、近いうちに警視庁『東京湾岸署』が設置されるかもしれません。

警視庁「湾岸署」誕生へ=都議会に改正案提出(時事通信:6/27)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070627-00000110-jij-soci

ドラマの湾岸署の舞台となったのはJR京葉線の塩見駅から徒歩数分の場所にあるビルで、実際に入居しているのはオフィス家具・事務用品メーカーの(株)内田洋行の塩見オフィスです。ドラマの湾岸署の外観と玄関エントランス(あの電光掲示板があるところ)に主に使われています。

前の会社で取引があったメーカーさんなので研修会、新商品説明会などで何回かこの塩見オフィスを訪問したことがあります。
ドラマで捜査本部が置かれたような大会議室で我々も捜査会議ならぬ販促会議をしたこともあります。(なんか笑っちゃうな)
(※実際、この会議室もロケに使われたのかは不明。不雰囲気はそっくり)

警視庁が東京湾岸署とわざわざ東京とつけたのはドラマの湾岸署に気を使ったからでしょうか?

2007年6月26日 (火曜日)

【年金記録漏れ】年金納付履歴通知の対象者拡大か?

年金記録漏れ問題について関係者の間で賞与の自主返上をする人の話題が聞こえてきましたが・・・・たしかに責任問題の追及も必要かもしれませんが、まず正常化を最優先に考えて
 ・現場の事務処理体制の拡充
 ・納付実績の証明の判断基準の設定
 ・上記判断基準の柔軟な運用に向けてのガイドラインの作成
 ・年金加入履歴の早期通知(ミスのない程度にできるだけ早く)
              ・・・などなどやるべき作業は山積みです。

全ての年金加入者・受給者に納付履歴通知…社保庁が検討
(読売新聞:6/26)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070626-00000501-yom-pol


・・・といっても、実施は2008年度(来年の4月以降)だそうです。
対象者は約1億人です。

そして、この納付履歴通知は、単独の通知として届けられるのではなく、社会保険庁の新サービス「ねんきん定期便」を利用する予定です。

大切な「未来」への情報、お届けします。
~ 「ねんきん定期便」を開始します ~(社会保険庁)
http://www.sia.go.jp/topics/2007/n0330_2.htm


まずは35歳の誕生日を迎える方に、誕生月の前の月に郵送されます。
実際には誕生月の前月末日に発送するそうですので、手元に届くのは誕生月の月初めです。
※平成19年4月2日以降に35歳の誕生日を迎える方が対象

なんで先行実施が35歳かというと、35歳以降60歳まで国民年金の保険料を毎月欠かさずに払えば国民年金の支給要件である25年以上の保険料納付期間を満たせるためです。
仮にこれまで一切国民年金保険料を払っていない人でも、ここから仕切り直しが可能な年齢です。
少しでも無年金者を減らそうということですので、それなり緊急性もある年齢が35歳ということなんです。
ただし25年間だけの納付では国民年金の年金額の満額は貰えません。

ねんきん定期便は先行して35歳を対象としていますが、すぐに全世代に拡大されます。
それでも加入履歴が通知されるのは35,45歳と58歳以上の方のみです。
それ以外の年齢の方には加入月数だけの通知になるそうです。

・・・・とこれまでは社会保険庁が「ねんきん定期便」サービスを発表した時の内容ですが、加入履歴については年金記録漏れ対策のため、すべての被保険者・受給者にまで拡大されるかもしれません。
少なくとも加入履歴の通知は現役世代(保険料を払っている世代)にまでは拡大して欲しいですね。
郵政民営化による新規参入企業に委託するのもいいかもしれません。
発送から配達だけの片道業務なのでポストの数も関係ありません。
何よりコスト減になるかも!

参考:年金支給漏れ:個人防衛の手引き書?

 

図解 年金のしくみ―年金制度の問題点を理解するための論点40 図解 年金のしくみ―年金制度の問題点を理解するための論点40

著者:みずほ総合研究所
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

年金をとりもどす法 Book 年金をとりもどす法

著者:社会保険庁有志
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 支給もれ年金私が「探し方」教えます―あなたも簡単にできる!!

著者:柴田 友都
販売元:ビジネス社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示