フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »

2007年5月27日 - 2007年6月2日の1件の記事

2007年5月27日 (日曜日)

山菜採り(ふき巻)

ふきのとうワラビも実はあまり自分では食べませんが、今日、採りに出かけた蕗(ふき)は、好きです。
それこそ、ここら辺では庭に生えているくらいポピュラーな食材なんですが、やっぱり山に生えているもの、とりわけ新鮮な水の流れのある場所で採った蕗は美味しいんです。

Sa350170 ということで近くの里山を流れる川の上流にやってきました。
こんな場所でも最近は渓流釣をする人も多くなりました。
この川は魚の養殖や放流なんてやっていないので魚がいるとしたら天然もののはずですが、私自身あまりこの川で魚を見た記憶がありません。
釣り人の姿を見るまでは魚がいない川だと思っていました。(でも下流には鮎や時には産卵を控えたサケが遡上しています)





この川を渡った先にはタラの木がいっぱいある場所があるんですが昨日までの大雨で川の水が増水していて今日はこちら岸で蕗採りです。

Sa350171 ワラビやゼンマイのように人が先を争って採ったりしないので蕗は場所によっては太いものも多く生えています。
これを灰汁と一緒に煮てから皮を丁寧に剥いて食べます。
そのまま樽に漬けておけば保存食になりいつでも取り出しておでんや煮物に使えます。
こちらではおでんと煮物を合わせたものをに煮しめと読んでいます。冠婚葬祭には欠かせない汁物の一つです。味が滲みた蕗は煮しめには欠かせません。

Sa350172さて大量の蕗をゲットして買える途中に我が家のキノコの様子を見にきたら、キノコの菌を植え付けた木の皮が剥かれていました。
どうみてもこんな風に自然に木の皮がはがれることはありません。
誰かのいたずらか?と思い酷いことをするもんだと呆れて見ていたら、どうも様子が変です。
木に何かでえぐったような痕が無数に付いています。
しかも深い傷です。
この痕跡はおそらく・・・・・・・。


Sa350173  クマの仕業でしょう!
ちょうど収穫期が過ぎた椎茸の残骸を爪でかきとったと思われます。
ここは川にも近く栗の木もあるので以前から熊の通り道であることは知っていました。
冬場には熊の足跡もちゃんと雪の上に残っていました。
まだまだ山菜採りやキノコの木の管理に来る場所なので次回からは携帯ラジオや熊除けの鈴は必ず持ってくるようにします。

おまけ
今日はこのキノコの木を置いておく場所で変わったキノコを発見しました。Sa350174
ここら辺ではあまり見かけない変わった形のキノコです。
一瞬、毒きのこかと思いましたが、念のため持ち帰り図鑑で調べたら、おそらくアミガサタケであることが分りました。
日本ではあまり食用にしないきのこで主にヨーロッパで食べられるとこの多いキノコで、シチューに入れたりして食べるようです。
でも日本人である私は食べません。

アミガサタケ関連
きのこまにあさんのきのこ栽培日記(blog)











« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示