フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年3月25日 - 2007年3月31日 | トップページ | 2007年4月8日 - 2007年4月14日 »

2007年4月1日 - 2007年4月7日の4件の記事

2007年4月 7日 (土曜日)

『赤い指』 東野圭吾 著

最近は小説などは自分で購入しないでもっぱら青森県立図書館のオンライン図書貸出サービスを利用しています。(お金も節約できるし、これ以上何冊も本が増えると蔵書スペースがなくなってしまいます)
このサービスでは貸出中の本でも予約を入れることができ、その本に現在何人が予約を入れていて自分が何番目になっているかもネット上で知ることができます。
予約の自分の番が来ると近くの図書館(貸し出し協力館)に本が配送されてくるのでメールで連絡が来たら借りに出かけます。(県立図書館まで往復4時間かかりますが町民図書館までなら5分とかかりません)

当然、話題の本などは借手も多く予約の順番待ちが100番近くのときもあります。
レンタルCDやビデオとは違い県立図書館でも最新作や話題作でも3冊程度しか図書購入はされないので1人当たり借りている期間が2週間としても3,4ヶ月待ちの計算になります。
この『赤い指』も超人気で私が予約した段階で3ヶ月以上は待たされそうでしたが、なんと地元の町民図書館にありました。灯台下暗し。
ここの図書館は過疎の田舎町という立地条件のため利用者が極端に少ないので新刊でも割と早く借りることが出来るのでよく利用しています。
30代の男性で、この町民図書館を利用している人はあまりいません(多分2,3人程度か?)。

東野圭吾作品は、容疑者Xの献身白夜行手紙と過去に3作品ほど読んでいますが、どの作品も印象にのこる作品ばかりでした。
この『赤い指』は、引きこもりの息子とその息子を溺愛する妻、そして痴呆気味の母親と暮らす最近では割とありふれたサラリーマン家庭に突然起きた息子による幼女殺しを夫婦が隠蔽し、事件を捜査する刑事とのやり取りの中、ある苦渋の決断をしてしまうという内容です。
この苦渋の決断というのが実に考えさせられるものなんです。
結末は、意外なものなんですが・・・家族の関係をあらためて考えさせられます。

物語は事件発覚からかなりの短時間で解決をみるので、2時間ドラマの枠内でも十分オリジナルに忠実なTVドラマにもなりそうです。
テーマが結構考えさせられる内容なので活字が苦手な人にもドラマとしてこの作品に触れてもらうのもありだと思いました。(今のところドラマ化や映画化の話はなさそうです)

 

赤い指 Book 赤い指

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今のところ私の読んだ東野圭吾作品はどれもお勧めできる良作だとおもいます。

2007年4月 6日 (金曜日)

デジスタ・ベストセレクション受賞おめでとう!

NHK-BSで木曜24時(金曜0時)に放送されている『デジタルスタジアム』(デジスタ)という番組をご存知でしょうか?
もう8年目を迎える長寿番組です。

この番組はアマチュアのデジタル・アートを紹介する40分番組で、毎回テーマに沿った応募作品を番組で紹介して出演者がその中からベストセレクション作品を毎回1点選び、更に毎回のベストセレクション作品の中から年間のベスト・アウォード(最優秀作品)が決まります。

今夜のテーマは「実験映像」。
全部で4作品が紹介されましたが、そのなかで今回のベストセレクションに満場一致で選ばれた作品の制作者は、なんと私の幼馴染の大坪君でした!
   お め で と う !

『群れ』というタイトルで駅前の鳩の群れが一斉に飛び立つ瞬間を切り取ったデジカメ画像から群れの中の数個の特定の個体を取り出して連続再生してアニメーションのように仕上げています。鳩の他にもスズメ、カラス、通行人と対象が移って行きます・・・と文章で説明するよりまずは番組HPでご覧ください。

  

デジスタ(285回)の番組内容(クリック)

この作品には9ヶ月もかかったと本人も番組で話していました。
そうです作品だけでなく制作者本人もスタジオ出演していました。
知っている人がテレビしかもNHKに出てるなんて感動ものです!

作品自体も出演者の方々が驚いた!世界レベル!と絶賛しています。

大坪君は過去にもこの番組で作品を紹介されているのに今回は放送ではそのときの話はスルーされていました。残念ながらこちらの作品は動画配信はされていないようです。

   デジスタ(第274回)の番組内容(クリック)

次回作も期待しているので、また出演が決まったら連絡してね!

2007年4月 5日 (木曜日)

もうバッケの季節も終わりです

東京都心に4月としては19年ぶりに雪や霙(みぞれ)がちらついたという昨日、ここ下北半島(青森)は穏やかな天気でした。(ちなみに19年前の雪の時は私は大学2年生になる春休みで友人とレンタカーでドライブをしていました。東京ドームに巨人戦がドームで助かったといったニュースも記憶にあります)

そんな都心の寒の戻りを尻目に、そろそろ旬も終わりのふきのとう(ばっけ)を探しに里山に入りました。(知人に送る分を探しに)

こちらでは、ほとんどの人がふきのとうを食べません。
あんな苦いものが何故美味いのか?と不思議がっています。
ということでいたる所にポコポコ出てくるふきのとうに目を向ける人は皆無に近く、こうやって山にふきのとう採りにやって来ているのはほとんど店で売ったり親戚に送ってやる分を採ろうという人ばっかりです。
こういう状況なので、ふきのとうを採りにやって来た私もうちの母親も一体どういった状態のものが食するのに適しているのかよく知りませんので事前に近くの道の駅で産直品として地元の人が出荷しているふきのとうを見ておきました。
小ぶりで蕾のような状態のものが商品として売られていました。

しかし日のあたる場所にあるふきのとうはすでに大きく開いていて、なかなか売っているようなつぼみの状態のものを探すのに一苦労でした。

P1000217 ここは母親の実家の所有する山林の
脇の農業用水の土手です。日当たり
がよくないのでけっこう良い状態のふ
きのとうが採れました。



そんな我が家も数日前に始めてふきのとうの天麩羅を食べました。
感想は「柔らかく香りもよいが・・・やはり苦い」でした。

春の山菜は、そろそろ蕨やゼンマイ、タラノメ、キノコへと主役がバラエティ豊かに代わって行く時期を迎えます。

2007年4月 4日 (水曜日)

KIOSKはキオスクと呼びましょう

JRの駅の売店といえばKIOSK

今までは「キスク」とよんでいましたがこれからは「キスク」と呼んでほしいとのことです。
英文標記に合わせキオスクとしたいようですが、これはJR東日本管内のKIOSKだけで、他のJR各社管内ではキヨスクでOKだそうです。(かえって混乱しそう)
KIOSKってトルコ語が由来になっているんですね~。

キオスクでもキヨスクでも意味は通じますが、こちら(青森)の病院で入院患者の年寄りたちが「芋洗い」と呼んでいるものがあります。

応えはMRI(エムアールアイ)でした。
こっちのひとはアルファベット標記にとっても弱いです。

« 2007年3月25日 - 2007年3月31日 | トップページ | 2007年4月8日 - 2007年4月14日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示