フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小惑星:星の名に「かみはやし」 天体写真家・沼沢さん、発見の友人に頼み /新潟(毎日新聞) - Yahoo!ニュース | トップページ | »

2007年12月21日 (金曜日)

『犯人に告ぐ』 雫井 脩介 著

映画にもなった『クローズド・ノート』の作者として有名な雫井脩介氏の警察物作品で、2005年の第7回大藪春彦賞受賞作品です。

映画の方は沢尻エリカの舞台挨拶での例の悪態のおかげですっかり映画の評価は聞かれなくなり残念です。

まったく知りませんでしたがこの『犯人に告ぐ』も今秋、トヨエツ主演で映画化されていました。

映画のTVスポットも見たことがないので青森では上映されないのかな?

映画の方に興味がある方はこちらをクリック↓してください。
    ★映画「犯人に告ぐ」公式WEBへ

-----------------------------------------------
ということで雫井作品を読むのは『火の粉 (幻冬舎文庫)』に次いで2作品目です。

『火の粉』もとっても面白かったのですが、この『犯人に告ぐ』もお勧めできる内容です。

    ★当ブログでの『火の粉』に関する記事へ(クリック)

欲を言えば、もうすこし枝葉の部分の顛末まで書き込んでもらえたらなぁ~と思いますが、それでも十分満足できるものとなっています。

犯人を追い詰める警察の側に立ってストーリー展開がなされているのですが、あまりにもあっけなく終末を迎えてしまった感が否めまずそれが少し不満な点ともいえるかもしれません。
犯人の存在というものが作品中、希薄というか追うもの逃げるもの(隠れるもの)の絡みがほとんどなく警察が捜査の切り札としてテレビの報道番組を使った劇場型捜査という点だけが中心になりがちで少しサスペンスの要素が薄いような気がします。

私のように警察VS犯人という図式の展開を期待して読むと少し物足りないです。

このように書くとあまり面白くない作品のように聞こえますが、実際は読み応えがあってなかなか面白い作品に仕上がっているのでぜひ機会があれば一読して損はないと思います。

(最近は辛口な感想がおおいなぁ・・・少し反省)

作者の雫井氏は私とほぼ同じ年齢(3週間違い)で、社会保険労務士事務所勤務の経験があるそうです。

もしかしたら私と同じく社労士資格を持っているのかな?

まあ社労士が主人公の小説というのも面白そうだけど、地味なものになりそうですね。

犯人に告ぐ 上 (1) (双葉文庫 し 29-1) 犯人に告ぐ 上 (1) (双葉文庫 し 29-1)

著者:雫井 脩介
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

犯人に告ぐ 下 (2) (双葉文庫 し 29-2) 犯人に告ぐ 下 (2) (双葉文庫 し 29-2)

著者:雫井 脩介
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 小惑星:星の名に「かみはやし」 天体写真家・沼沢さん、発見の友人に頼み /新潟(毎日新聞) - Yahoo!ニュース | トップページ | »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/9474895

この記事へのトラックバック一覧です: 『犯人に告ぐ』 雫井 脩介 著:

« 小惑星:星の名に「かみはやし」 天体写真家・沼沢さん、発見の友人に頼み /新潟(毎日新聞) - Yahoo!ニュース | トップページ | »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示