フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 湧水亭 | トップページ | お盆です »

2007年8月 9日 (木曜日)

本能寺三部作

只今、加藤廣さんの小説『明智左馬助の恋』(日本経済新聞社)を読みはじめました。

 

明智左馬助の恋 明智左馬助の恋

著者:加藤 廣
販売元:日本経済新聞出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


信長の棺』、『秀吉の枷(上・下)』に続く本能寺三部作の完結編だそうです。
とっても面白い作品で私も前作までのシリーズはすでに読んでいます。
歴史小説しかも人気の高い戦国時代を舞台にした作品なので、それなりに売れる本ではあるのですが、このシリーズの人気はそれだけではなく純粋に作品の内容の面白さが受けているのだと思われます。
この作品は戦国武将の伝記ではなくミステリー作品なんですね。
特に3作目で本能寺三部作の完結編に本能寺のメイン人物から一つ外れた明智左馬助を選び、おまけに『・・・』と題された本作品に作者の何らかの企てを感じざるを得ません。早く読み進めたいです。

さて主人公の明智左馬助という名をご存知の人はかなりの歴史通です。
すくなくとも教科書ではあまり出てこない人物です。
私もこの本能寺三部作の初編『信長の棺』を読むまでは知りませんでした。
明智光秀の婿養子で本能寺の変のあと焼け落ちた本能寺で必死に信長の亡骸を探すシーンで登場します。
実は信長の遺体はある意外な場所にあったのですが・・・これは本(『信長の棺』)を読んでのお楽しみ。
なお本能寺三部作は『信長の棺』『秀吉の枷』は順番もこの通り読んだほうが良いと思われますが、この『明智左馬助の恋』は単体で読んでも大丈夫そうです。もちろん本能寺三部作を楽しむのならやはり『信長の棺』から読んだほうがいいですよ。

 

信長の棺 信長の棺

著者:加藤 廣
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

秀吉の枷 (上) 秀吉の枷 (上)

著者:加藤 廣
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

秀吉の枷 (下) 秀吉の枷 (下)

著者:加藤 廣
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 


 


« 湧水亭 | トップページ | お盆です »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/7466823

この記事へのトラックバック一覧です: 本能寺三部作:

« 湧水亭 | トップページ | お盆です »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示