フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ペットボトルは焼却処分したほうがよいという意見 | トップページ | やっと届いた!年金個人情報提供サービスのID »

2007年7月20日 (金曜日)

異常震域

ここ下北半島でも中越沖地震が発生した日の夜のこと、とっても珍しい地震を体験しました。
午後11時半前のこと、長い初期微動(P波)-本当に珍しいくらい長く感じました-に続いて波長の長い横揺れ(S波)がこれもまた長い間揺れていました。

まるで舟に乗っているような感覚でした。

これは中越沖地震の余震かな?

こんなに離れてこんなに揺れた(ここでは震度3だったようです)のだから、余震にしてはかなり大きいぞ!と思いテレビのニュースをチェックしたのですが、そんな感じでもなさそう。

おかしいなと思っていたら震源が京都府沖で深さ370km(M6.6)かなり深いです。

しかも何故か揺れを感じたのは北海道から関東にかけての太平洋沿岸地域に集中していて震源から最も遠い北海道で震度4。

そして震源に近い地域は無感・・つまり揺れなかった。私の今までの地震に対する認識を一変させるような地震で、この地震の揺れを感じた他の人も同じように思ったのではないでしょうか?

始めは中越沖地震の影響で観測機器が異常データを示して予想震源域を気象庁が誤って発表したのかな?と思いましたが、そういうことでもなさそうです。

テレビのアナウンサーも不思議だとばかりにキツネにつままれたような顔色でこの地震の情報を伝えていました。

このおかしな現象は異常震域というものだそうで震源が深い場合に近くの影響などで震央(震源の真上にあたる地表部)から離れた場所で揺れが強くなるようです。

詳しくはWikipediaの”異常震域”を参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B0%E5%B8%B8%E9%9C%87%E5%9F%9F

ネットで調べてみると、この異常震域という現象は、珍しいというほどのものでもなさそうなで、ちゃんと発生のメカニズムも解明されているようです。

難しくて私はあまり理解できませんでした。

この異常震域は今話題の地震速報システムではどう反応するのでしょうか?

 

あなたの命を守る大地震東京危険度マップ あなたの命を守る大地震東京危険度マップ

著者:中林 一樹
販売元:朝日出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

KOBAN 地震感知 充電たまご SP-220E KOBAN 地震感知 充電たまご SP-220E

販売元:太知ホールディングス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ペットボトルは焼却処分したほうがよいという意見 | トップページ | やっと届いた!年金個人情報提供サービスのID »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/7210958

この記事へのトラックバック一覧です: 異常震域:

« ペットボトルは焼却処分したほうがよいという意見 | トップページ | やっと届いた!年金個人情報提供サービスのID »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示