フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 異常震域 | トップページ | 『深紅』 野沢尚 著 »

2007年7月21日 (土曜日)

やっと届いた!年金個人情報提供サービスのID

社会保険庁のホームページ上で自分の年金加入記録の履歴がチェックできるサービスがあるのですが、このサービスを利用するためのIDとパスワードが昨日、郵送で届きました。

P1000537 黄色いこんな封筒で届きます。

一般郵便なのでポストに投函されて受け取りの記録が残らないので、また送った・受け取っていないなどの問題もでそうです。


一連の年金記録問題が明るみに出る前は、このIDとパスワードの申請から実際に手元に届くまではおよそ2週間ほど時間がかかるとのことでしたが、私の場合、先月の6月12日にこのブログでID申請をしたという記事を書いていますので、約5週間ほどかかって届いたことになります。(なお現在は4週間程度とされています

まあ事務処理が集中していることは容易に予想していましたが、忘れられてしまったのでは?と思わさせてくれるくらい日数がかかりました。

さっそくこのIDとパスワードを使って私の年金加入記録をネットでチェックしてみたところ大学を出てすぐ就職したサラリーマン時代の厚生年金、離職後の国民年金ともにすべて間違いなく保険料を払っていることが確認できました。
細かい話ですが送られてきた文書上で”お客様パスワード”と被保険者が”お客様”と表現されているのには笑っちゃいました。(もう民営化気分なんですかね?)

厚生年金の被保険者期間については標準報酬月額の変遷もわかるようになっています。

標準報酬月額とは厚生年金の毎月の保険料の対象となる給料のランクのことで原則1年間通して使われます。
これは平均給料額のようなもので区分された金額帯に該当する標準報酬月額が適用されるので実際にもらった金額とは同じではありません。
また昇給などがあった場合には規定にしたがってこの標準報酬月額を1年経過しなくても変更する必要があります。(※けっこう大雑把な説明ですみません)

私の場合、会社の方で標準報酬月額定時決定以外にもちゃんと随時改定もしてくれていました。

あらためて画面上の私の標準報酬月額の変遷をみてみると40万円以上の期間もあったのでびっくりしました。
該当する時期は確かに2ヶ月以上にわたり休日出勤、深夜残業と続いていたので給料が驚くほど急増していた時期です。
ただしこの期間はごく短い期間でした。

今住んでいる地域で標準報酬月額が40万オーバーのサラリーマンなんてほとんどいないと思いますので、これはちょっと自慢です。(でも誰にも言いません!)

« 異常震域 | トップページ | 『深紅』 野沢尚 著 »

社会保険労務士関連の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/7221376

この記事へのトラックバック一覧です: やっと届いた!年金個人情報提供サービスのID:

» 就職TOWN [就職・再就職をともに考える]
就職・再就職をともに考える [続きを読む]

« 異常震域 | トップページ | 『深紅』 野沢尚 著 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示