フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« クマ3頭目撃! 実は…はく製 | トップページ | 『推理小説』 秦 建日子 著 »

2007年5月 9日 (水曜日)

我が家の花便り

今年のGWは青森ではちょうど桜の満開に重なり弘前公園の桜まつり博多どんたくを今年も押さえGW期間中の最高の人出を記録しました。
はっきり行って新幹線も通っていない東北の城下町にこれだけの観光客が集まるというのは物凄いことです。
よくTVで弘前公園のお城をバックに夜桜中継とかしていたりしますが、あのお城、実物を見ると驚きますよ!
何に驚くかというとその大きさです。
いいえ大きいのではなく小さいのです。

本当に、これが天主かと絶句するほど小さいので、大坂城や姫路城、名古屋城と比べることさえもはばかれるほど小さいです。
たとえるなら大坂城の倉庫かと思うほどの小ささ。

でも桜はやっぱり立派なものが多いです。
弘前公園の桜は寿命が長いことでも有名で、一般には桜切るバカ、梅切らぬバカとかいって桜についてはあまり剪定しない場合が多いのですが、ここの桜守の人は構わず病気の枝や太い幹でもバッサバッサと切ります。
こらが上手く桜の寿命を永らえさせているようで樹齢百年以上の樹も多い珍しい桜の名所となっています。

弘前とは位置的に反対側でもっと北に位置する我が家の庭には立派な桜の木はありませんが、代わりに青森に越してきた当時に買い求めた桃の木とスモモの木の苗が少しずつ大きく成長しています。

今年は桜と同時に桃の花が咲きました。
P1000277 4月下旬ころから咲き出したので旧暦でいうところの3月10日前後といったところで、旧暦の3月3日の桃の節句を考慮すると若干遅くなった感じですね。



また今年は植えてから5年経って初めてスモモの花が咲きました。
もうすっかり枯れて葉っぱばっかりかと諦めていた矢先、母親が花芽を2,3個見つけました。でもよ~く見れば花芽は他にもたくさんありました。
P1000278 これがスモモの花です。
たぶん・・・・。
多分というのは苗を植えてから一度も花をつけることなく育っていたので何の苗を当時買ったのかはっきり記憶がないことが原因です。スモモとあと何か1種類木の苗を買ったのは覚えているのですがどちらか一方は早々と立ち枯れてしまったので、今咲いているのは、そのどちらか一方ということになります。



裏にある幼稚園の園庭には桜の木がたくさんありますが、もう桜吹雪となっています。

P1000286





ここ数年、桜の木の病気「テングス病」にかかっていて花満開とはいきません。
P1000283 テングス病は天狗巣病ともいい枝先が箒のように広がり細かい枝別れをしてまるで何かの巣があるかのように見えます。
この巣のように見える部分には花芽が付くことがなくすべて葉っぱばっかりです。
こうなると木は花満開ということにはなりませんよね。
対処法としては巣の部分を切り落とし切った枝を焼却処分しないといけないようです。
ウイルス性の病気なんでしょうか?

« クマ3頭目撃! 実は…はく製 | トップページ | 『推理小説』 秦 建日子 著 »

青森・下北半島の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/6352170

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の花便り:

« クマ3頭目撃! 実は…はく製 | トップページ | 『推理小説』 秦 建日子 著 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示