フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 我が家の花便り | トップページ | 母の日 »

2007年5月12日 (土曜日)

『推理小説』 秦 建日子 著

TVドラマ『アンフェア』の原作です。

推理小説 Book 推理小説

著者:秦 建日子
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私は本書の続編である『アンフェアな月-----刑事 雪平夏見』の方を先に読んでしまったのですが順序が逆になってもそれほど違和感もなく読めました。
推理小説というストレートなタイトルなんですが劇中劇ならぬ小説の中に出てくる殺人予告の小説のタイトルが推理小説というタイトルなんです。
この推理小説に書かれている通りに起きる連続殺人の犯人=推理小説の作者=犯人なんですが、本書の構成が少し凝っていて多少読みにくい感じがしましたが、私が途中で犯人の目星がついてしまうくらい特に凝ったトリックもどんでん返しもない「フェア」な小説でした。

ある晩、新宿の公園で起きた殺人事件。
被害者の二人には何の接点もなく、手に握らされていたのは・・・・

「アンフェアなのは、誰か」と書かれた本の栞。
(この犯人からのメッセージは本作品だけでなく続編にも影響を・・・・・)

やがて事件を予告する内容の「推理小説」の原稿が出版社と警視庁に送られてくる。
犯人の要求は、この連続殺人をとめるために作品の続編への入札。

やがて事件は第2、第3の殺人事件に・・・・・。
事件解決にあたる警視庁捜査一課の女刑事・雪平夏美が
最後に銃口を向けた相手とは・・・・・。
  
  推理小説はフェアな結末でなければ・・・
     「アンフェアなのは、誰か」

内容の面白さとしては続編の『アンフェアな月』の方が面白いと思います。
でも著者はこの『推理小説』が作家としてのデビュー作なので続編のほうが面白いということは才能があるということの証明?(もっともTVドラマの脚本家としてはすでに一流作家です)

『推理小説』でも『アンフェアな月』でも主人公の警視庁捜査一課No1の検挙率を誇る女刑事・雪平夏美のキャラクターに惹かれてしまい更なる続編に期待しちゃいます。
ドラマのキャスティングはぴったしですね!(篠原涼子主演)

これでようやくTVドラマ『アンフェア』を見ることができます。
(本書の一部がドラマの方にも使われているので本書を読むまでは封印していました。)


 

 

推理小説 推理小説

著者:秦 建日子
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

アンフェアな月-----刑事 雪平夏見 アンフェアな月-----刑事 雪平夏見

著者:秦 建日子
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 我が家の花便り | トップページ | 母の日 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/6399875

この記事へのトラックバック一覧です: 『推理小説』 秦 建日子 著:

» アンフェアなのは・・・ [百聞一読 本のツボ]
「アンフェアなのは、誰か」ほんとに流行りましたね。私は残念ながら映画は見られませ [続きを読む]

« 我が家の花便り | トップページ | 母の日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示