フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« KIOSKはキオスクと呼びましょう | トップページ | デジスタ・ベストセレクション受賞おめでとう! »

2007年4月 5日 (木曜日)

もうバッケの季節も終わりです

東京都心に4月としては19年ぶりに雪や霙(みぞれ)がちらついたという昨日、ここ下北半島(青森)は穏やかな天気でした。(ちなみに19年前の雪の時は私は大学2年生になる春休みで友人とレンタカーでドライブをしていました。東京ドームに巨人戦がドームで助かったといったニュースも記憶にあります)

そんな都心の寒の戻りを尻目に、そろそろ旬も終わりのふきのとう(ばっけ)を探しに里山に入りました。(知人に送る分を探しに)

こちらでは、ほとんどの人がふきのとうを食べません。
あんな苦いものが何故美味いのか?と不思議がっています。
ということでいたる所にポコポコ出てくるふきのとうに目を向ける人は皆無に近く、こうやって山にふきのとう採りにやって来ているのはほとんど店で売ったり親戚に送ってやる分を採ろうという人ばっかりです。
こういう状況なので、ふきのとうを採りにやって来た私もうちの母親も一体どういった状態のものが食するのに適しているのかよく知りませんので事前に近くの道の駅で産直品として地元の人が出荷しているふきのとうを見ておきました。
小ぶりで蕾のような状態のものが商品として売られていました。

しかし日のあたる場所にあるふきのとうはすでに大きく開いていて、なかなか売っているようなつぼみの状態のものを探すのに一苦労でした。

P1000217 ここは母親の実家の所有する山林の
脇の農業用水の土手です。日当たり
がよくないのでけっこう良い状態のふ
きのとうが採れました。



そんな我が家も数日前に始めてふきのとうの天麩羅を食べました。
感想は「柔らかく香りもよいが・・・やはり苦い」でした。

春の山菜は、そろそろ蕨やゼンマイ、タラノメ、キノコへと主役がバラエティ豊かに代わって行く時期を迎えます。

« KIOSKはキオスクと呼びましょう | トップページ | デジスタ・ベストセレクション受賞おめでとう! »

青森・下北半島の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/5987631

この記事へのトラックバック一覧です: もうバッケの季節も終わりです:

« KIOSKはキオスクと呼びましょう | トップページ | デジスタ・ベストセレクション受賞おめでとう! »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示