フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今シーズン初の雪かき | トップページ | 『手紙』 東野圭吾著 »

2007年1月15日 (月曜日)

『日本沈没 第二部』小松 左京,谷 甲州

日本沈没 第二部 Book 日本沈没 第二部

著者:小松 左京,谷 甲州
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 小学生の頃にTBSで放送していたテレビドラマ『日本沈没』は今でも強烈に印象に残っています。社会現象を引き起こすのに十分な秀作だと今でも思っています。
特に潜水艇わだつみ号が日本海溝深くまで潜行するシーンは息を呑んで見ていた記憶があります。子供だったのでおそらくミニチュアを使った特撮がふんだんに使われていてゴジラやウルトラマンなどと同じような感覚で見ていたのでしょう。その後、原作者の小松左京氏の原作を高校生の時に読みました。

 日本が大規模な地殻変動により海中に没するというSF小説ならではのアイデアは今でも超一級の娯楽映画としても通用するクオリティであることが昨年公開の映画のヒットで証明されています。
 しかし、原作者の意向としては、日本が海底に沈没するというパニック部分が読み物としての面白さとして注目される中、本当は国土を失い世界中に難民として散らばって行った日本人の行く末を読者に考えさせるものとして書いた・・となんかの雑誌の対談で語っていた記憶があります。
当時エコノミックアニマルなどと批判的に国際社会からいわれていた日本人が果たして世界の中にどう受け入れられていくのか?あるいは受け入れられないのか?

 本作品は、『第二部』とあるように第一部で難民と化した日本人のその後の物語で、第一部で作者が読者に訴えた核心部分の十数年後の回答です。残念ながら小松左京氏は高齢のため十分な取材・執筆活動が出来ないため若手とプロジェクトを組みその意思を託したようです。したがって現在の国際情勢を巧みに反映したSF小説にしあがったようですが、前作(第一部)の雰囲気を期待して読むと少々物足りないような気がします。(すくなくても私は)
 第一部の方はドラマ・映画ともに日本が海中に沈没するという未曾有のパニックに主題をおいた作品として受け入れられたのですが、そのインパクトを、そのままこの第二部に期待してはいけません。
 沈んだ日本が再浮上なんてことになればSF小説としては面白そうですが、そうはなっていません。内容的には、日本列島のあった海域にメガフロート(人工の浮き島)を建設して国土の再生を図るという展開となりますがSF的なものはこのくらいで、あとは極めて現実的なストーリー展開に終始していてワクワク感もありません。また第二部では世界規模のパニックが気象環境変化によって引き起こされるのですが、これは温暖化ではなく寒冷化によって北半球の陸地や海域が氷に閉ざされてしまうというものですが、これも外国映画で同じようなものも公開されているので今更・・・という感じです。
特に目新しい仕掛けも技術もなくSF小説を読んでいるという気がしませんでした。
やはり日本が沈没するというインパクトは超えられないのかなぁ・・・・・
これじゃ昨年ヒットした映画の続編とはいかないでしょう!

 はっきり言って私にとっては期待はずれの1冊でした。
私としては「日本沈没」は大好きな作品なのですが贔屓目にみても不満な点が多いものでした。

 これなら映画のリバイバルのように第一部の内容を全面的に再検証して最新の科学技術を取り入れた『新・日本沈没』を是非書いていただきたいと思います。

あらためてこの第一部である『日本沈没』は今でも日本を代表するSF小説だと思います。
機会があれば昔の映画版やドラマも見てみてください。

昭和版「日本沈没」原作小説

日本沈没 上    小学館文庫 こ 11-1 Book 日本沈没 上 小学館文庫 こ 11-1

著者:小松 左京
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本沈没 下    小学館文庫 こ 11-2 Book 日本沈没 下 小学館文庫 こ 11-2

著者:小松 左京
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昭和版 映画DVD

日本沈没 スタンダード・エディション DVD 日本沈没 スタンダード・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/01/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さらに
地球温暖化に疑問を投げかけるSF小説
マイクル・クライトンはさすがです!
この本を読んで私は地球温暖化懐疑派になりました!

恐怖の存在 (上) Book 恐怖の存在 (上)

著者:マイクル・クライトン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

恐怖の存在 (下) Book 恐怖の存在 (下)

著者:マイクル・クライトン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 今シーズン初の雪かき | トップページ | 『手紙』 東野圭吾著 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/4936481

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本沈没 第二部』小松 左京,谷 甲州:

« 今シーズン初の雪かき | トップページ | 『手紙』 東野圭吾著 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示