フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »

2006年12月24日 - 2006年12月30日の2件の記事

2006年12月26日 (火曜日)

古奈屋のカレーうどん

巣鴨の名店といわれる古奈屋カレーうどんが親戚からお歳暮として贈られてきました。
冷凍食品となっていて1人前1箱の小箱に分けられていて中には冷凍パックされたカレーうどんのスープが2袋(2袋で1人前)と冷凍うどんが入っています。

Dsc03640





麺類大好きな私はうどんもそばも同じくらい好きです。
どちらの食通の方々にもコロッケうどんやそば、カレーうどんなんかは大抵扱いが低くされていたりしますが、ややもすればB級グルメといわれそうなこのジャンル・・私は好きです。
ちょうどこのお歳暮が届く直前もスーパーのカレーうどんを2日連続昼食として食べていましたが暮れから正月にかけて手狭になる冷凍庫のスペースを少しでも空けるため早速食べてみました。
まずはスープの色に驚きました。
学食や駅スタンドのお馴染みカレーうどんの黄色でなく黄土色というような色合いです。(下の写真を参照)
味はちょっと粉っぽい食感で牛肉の出汁のような味があります。
形の残った具材は特に見当たりません。
煮込んで溶けているのでしょう。

Dsc03639 どうもこのお店(古奈屋さん)は高級なお店らしく(店舗展開から推測)味も上品な味といったところでしょうか?
正直、カレーうどんとしてはちょっと物足りないなぁ~。
あくまでも私の感想です。
最近の冷凍食品やレトルト食品は、ある特定のお店の看板商品の商品化にあたっては店主側は、まず味の再現性に妥協しないと聞いているので、やはり実際のお店の味もこうなんでしょうね。

やっぱり残り物のカレーをだし汁で溶いてつくる私流カレーうどんの方が美味しいと思います。
私はカレーの残りが入った鍋に直にうどんダシを溶き入れ最後にうどんを入れてカレーうどんを作ります。手間もかからないしカレー鍋も綺麗に洗えます。

古奈屋さんのHP(通信販売もあり)
※どて煮風カレーうどんもお店のメニューにあるのですが、こっちの方が興味を惹かれます。

冷凍食品といっても1食分は結構なお値段です。
知らずに2食分をすでに食べましたがこれ1食で現在の私の1日分の食費以上です。

2006年12月24日 (日曜日)

雪の無いクリスマス

予想通り今年のクリスマスは雪の無いクリスマスです。
青森に引越して初めてホワイトクリスマスではないクリスマスです。
ただ寒いだけの東京で過ごすクリスマスと同じで
いまいちムードがありません。

今のところ青森も暖冬傾向のようで、クルマを運転するのには
朝晩の路面凍結(特にブラックアイスバーン)に気をつけていれば
今のところ安心です。
ただこのまま雪の無い状態が続くと今履いているスタッドレスタイヤは
もう来シーズンは使えないかも・・・。(今シーズンで5シーズン目)

現在 当町内での話題は名産の「よこはまナマコ」の価格。
青森県内でもとくに身が柔らかく美味と評判の横浜町沖合いのナマコですが、ここ最近、価格が急上昇中です。

一説によるとナマコ全体が中国向けの加工用として需要が高まり価格が上昇しているとのことです。中国は昔から漁業についてはあまり盛んではないようで、フカのヒレや乾しアワビなんかは三陸地域から中国へ輸出が盛んで、こういった海産物加工品は江戸時代以前から俵物として中国へ輸出されていたそうです。
 乾しナマコだけは最近までその加工技術が途絶えていたようですが最近復活したと聞きました。こうした日本からの加工品は中華料理でも貴重な高級食材として大人気だそうで、最近の中国国内の好景気を背景に需要が爆発しているとのことです。
そういえば青森県産のりんごも中国国内のの富裕層に人気があるそうです。
りんごについては中国国内でも青森の何十倍の生産量があるらしいのですが人気は青森産のものだそうです。

 横浜ナマコの話に戻りますが、例年は暮れの3日間ほどの漁期しかも1回数十分の漁しか認められていなく、それ以外は禁漁となっているのでただでさえ希少価値となっていましたが、今年はすでに何回かに分けて加工用のナマコ(大ぶりの物)の漁が行われています。
暮れの漁期にあわせて毎年、漁協で町民に対して直売が1回だけ行われるのですが、今年は中型サイズの5キロ樽で配布価格が8,000円でした。
以前噂されていた昨年の価格の3倍とか2倍の価格とまでは、さすがにいきませんでしたが、普段は入っていないような黒ナマコを混ぜて価格を下げているようです。黒ナマコは味は良いのですが、身から黒い汁がでるのであまり喜ばれないので最近は商品価値が無かったようなものだそうです。
 正月の食卓には欠かせないナマコも今年はちょっと高嶺の花かも知れません。
ナマコはナマコ酢がポピュラーな食べ方ですが、私は薄めに輪切りにしたナマコに少しお酒をかけてお醤油と味の素で味付けをして納豆のように箸でかき混ぜて食べるのが好きです。コリコリした食感が最高です。

横浜ナマコ高騰の地元・東奥日報の記事

« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示