フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

2006年9月17日 - 2006年9月23日の3件の記事

2006年9月23日 (土曜日)

シャガール展

昨日は7月13日にオープンした青森県立美術館
開館記念展であるシャガール 『アレコ』とアメリカ亡命時代 展を見に行きました。

2ヶ月ちょっとの企画展で20万人に届く勢いの来場者があるというので平日の午前中を狙って行ったのですが到着時には、チケットを買う人の長い行列ができていました。
青森で有料でも行列ができるというのはただ事ではありあせん!
館内も青森であることを忘れるくらいの大勢の人で賑わっています。
美術館なのでうるさくはありませんが
この様子は明らかに”祭り”です。

この美術館が建った場所は有名なあの三内丸山遺跡の隣で
緑が多く公園の中の美術館といった具合です。
外観・内装を含め白で統一されています。

青森県立美術館の公式HP 
http://www.aomori-museum.jp/ja/

10+1WEBサイト
http://tenplusone.inax.co.jp/archives/2006/08/24194306.html

今回の企画展の目玉はシャガールがバレエ劇「アレコ」用に描いた舞台背景画(4幕分)です。

ほぼ1枚が映画館の巨大スクリーンサイズで
アレコホールというこの美術館最大の空間の壁面4面に
1枚ずつ掛けられています。
4枚のうち3枚は青森県で購入したものですが
1枚だけはアメリカの美術館の収蔵品で
今回は、この企画展のために借り受けています。
全4枚が一堂に見られるのは珍しいことらしいです。

このメインのアレコの舞台背景画の他
通常サイズの作品も多く展示されていました。

私にとってシャガールという画家の作品のイメージは”青”。
ジッタリンジンの歌(「プレゼント」)の歌詞にもでてきます。
「♪シャガールみたいな青い夜~」ってね

でも青の他にも赤という色が強烈に出ている作品も多いことに驚きました。
予備知識無しで見せられたら、そんなに上手いとも思わないような作品もあります。小学校の図画の時間に誰かが描いていた様なものも・・・・。

田舎にできた美術館なので、お年寄りが多いことに驚きましたが
皆さん500円で貸し出される音声ガイドをイヤホンを耳に当てて
熱心に鑑賞していました。
地方に住んでいても、こういう有名な画家の作品に触れる機会が
少しでも増えてくれると嬉しいです。

そうそう、今回シャガール展のほかに期待していたのが
常設展示の奈良美智さんの巨大造形作品
「あおもり犬(けん)」でした。
巨大な犬のオブジェです。
地表から地下の展示スペースまでの屋外吹き抜け空間に
犬のオブジェが立っています・・というか
少し足先が埋まっています。
ちょうど発掘された犬のオブジェのようです。
この表現は隣接する縄文遺跡(三内丸山遺跡)を
イメージしているらしいです。
かなりかわいい犬です。
(館内撮影禁止なので写真UPできません)
代わりに県庁のWEBをどうぞ
http://www.pref.aomori.lg.jp/plan/koukoku/aomoriken.htm

ミュージアムショップにはお目当ての奈良美智のグッズは、ほとんど完売でした(9/23現在)

美術館に来ると自分と同世代の男はたいてい夫婦づれですね
羨ましいです。

2006年9月20日 (水曜日)

アルコールチェッカーは必需品

今日のニュースで山梨県の身延町の教育長が
酒気帯び運転で検挙されたという報道がありました。
朝のニュースワイドショーで詳細を伝えていましたが
この教育長は寿司店で
飲酒(4時間でビール大瓶4本を飲んだそうです)後
駐車場の自分の車の中で寝袋に入って
6時間ほど仮眠を取ったそうです。

現代人であれば6時間も寝ればもはや
仮眠ではないと思うのですが
彼はこうした飲酒後の車中泊がいつものパターンらしく
これはある意味、感心させられるのですが
6時間後、起きてハンドルを握って
帰宅する途中に検挙されたということです。

6時間経ってもしっかり酒気帯び状態である
ほど酒が残っていたということです。

この仮眠って我々も使う手段だったりしますが
そういった場合は、たいてい本当の仮眠程度(1,2時間)で
運転したことはありませんか?
飲んだ量にもよりますが、十分酒気帯び状態だったりするかもしれません。

やはり過信せずにお酒が好きな人は
運転代行やはじめから公共交通機関を利用するようにして
二日酔い対策として車に1台アルコールチェッカーを積んでおきましょう!
人が集まる家の人も一家に1台常備しておいた方が良いですね。

というわけで私もアマゾンで購入しましたが、在庫切れらしく2週間ほどかかりそうです。

もしかしたら2週間経ってすっかり話題にもあがらなくなっていたりして・・・・・。

酒気帯び運転   1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

違反点数 

呼気1リットル中 アルコール0.25mg以上       13点
呼気1リットル中  アルコール0.15以上0.25mg未満  6点

飲酒運転は・・・もうどうなるか?ご存知ですよね!


2006年9月18日 (月曜日)

高齢化率

今日は敬老の日です。
うちのばあちゃんも今年で96歳ですが
まだまだ元気で、老人用のシルバーカー(手押しの買物カゴ、座ったりもできるやつ)を押してデイサービスに行かない晴れた日は、我が家に遊びに来ます。
しかも、独りでやってきます。
途中にかなりの勾配のある坂を上って、踏切を渡ってやって来ます。
今日は台風の影響で朝から強い雨が降っているので
ばあちゃんは自宅でのんびりしているのでしょう。

さて高齢化社会高齢社会そして超高齢社会
日本の人口構造を語る上でよく使われる用語ですが
今の日本の状況を表すものは高齢社会ではなく高齢社会です。

ついつい、いつまでも高齢社会なんていったりしますが
もう”化”がとれて高齢社会になっています。

日本では平成6年からすでに高齢社会になっていたのに
いつまでも高齢化社会なんていっていたのです。
そういう私も今夏、社会保険労務士の事務指定講習に
参加した際に講師の方が仰っていたので
あぁ自分も間違って使っていたなぁと反省しました。

総人口に占める65歳以上の人の割合を表す
高齢化率という数字によって高齢化・高齢・超高齢社会
という用語が使い分けられます。

高齢化社会  高齢化率    7%超-14%以下
高齢社会    高齢化率 14%超-21%以下
超高齢社会  高齢化率 21%超

以上の定義は国連で採用しているものなので全世界共通のものです。

今日のニュースでは現在の高齢化率は20.7%だそうですので、来年あたりは超高齢社会にいよいよ突入しそうです。
「高齢化社会ではなく高齢社会なんだよ」と言っているうちに超高齢社会になってしまいますね。



« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示