フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

2006年4月2日 - 2006年4月8日の11件の記事

2006年4月 8日 (土曜日)

ガンダムMkⅡVer2.0製作記3

子供のころは、買ってきたプラモデルを
早く作り上げたくて接着剤が乾かないうちに
次の工程に進んでしまい失敗したりしていましたが
大人になってのプラモ作りは余裕というか
待つということも楽しめるようになりました

さて製作進行中のMkⅡ Ver2.0ティターンズ仕様ですが
昨年に発売されたエゥーゴ仕様とは、カラーリング以外にも
異なる点があるようです。
まずはエゥーゴ仕様にはディスプレイ用のカタパルトが
付きますが、ティターンズ仕様にはありません。
それとブログ記事にコメントを寄せていただいた方の話だと
腰の可動範囲が大きいようです。
これは新設計らしくホビージャパンの4月号に
小さな記事で載っていました。

まだまだあるかもしれませんがエゥーゴ仕様を
持っていないのでわかりません。
一応同じVer2.0でもティターンズ仕様のほうが
若干進化型ということでしょうか?

続きを読む "ガンダムMkⅡVer2.0製作記3" »

事務指定講習 27

東京は花散らしの雨とかいっているのに
下北半島は、今日も雪混じりの雨です。
ちょっとこの様子では
スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの
履き替えも躊躇してしまいます。

事務指定講習もいよいよ大詰めです。

事例27では
老齢厚生年金の加給年金額の問題です。
厚生年金では一定の条件で配偶者分の加算があります。

続きを読む "事務指定講習 27" »

ご本尊

永らく行方不明だったご本尊が
なんと むつ市のマエダ本店4Fのダイソーに・・・

105円のお布施を支払って
ワンゲル地蔵堂に御鎮座ましました。
Dsc02943

2006年4月 6日 (木曜日)

ガンダムMkⅡVer2.0製作記②

最近のガンプラの内容には驚かされます。

まず、MG(マスターグレード)なら塗装もほとんど不要です
プラモの塗装って臭いの問題や塗装までの下地作りの手間
スプレーガスのコストなどなど、これを考えるとプラモ作りに
躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか?(私もその一人)
でも最近は、キチンと仕上げと同じ色ではじめからパーツが
色分けされています。
あとはパーツを切り離したときにできるゲート処理と
生産時にどうしてもできてしまうパーティングラインという線を
紙やすりなどで丁寧に処理してあげれば基本的に塗装は不要です。
ただし、やはり塗装したほうが仕上がりが
綺麗なのは言うまでもありません。
プラモは手間をかけた分、それだけ仕上げが綺麗です
(努力は裏切らないということ)。
要は許容範囲の問題?
それでも無塗装でも私は十分にかっこよくできると思っています。

次にパーツの組み合わせが絶妙なので
パーツ同士の合わせ目が気にならない部分が多いので
合わせ目消しという従来のガンプラの定番作業が激減しています。
私の子供のころは合わせ目部分にパテを塗って乾燥してから
ヤスリがけという方法で合わせ目部分を消していました
(それでも綺麗に消せません)。
今は、プラモデル用接着剤をワザとはみ出させて乾燥後に
はみ出した接着剤と一緒にヤスリがけをしてしまう方法も広まっています。

関節の自由度がおおきくなった。
昔のガンプラは関節部分は一定方向にしか動かず
誰がやっても同じポーズしかできませんでした。
付属の武器も不自然な格好で装着。
それが今では、人間の関節以上によく動きます。
今回製作の物は腕、足ともに180度近く曲げられます。
関節部分だけでなく連動して動く他の部分の改善によるところが
大きく影響しているらしく、このMkⅡにいたっては
特に足の各関節の動きは感動モノ。

以上 20年以上前の300円ガンプラしかしらない世代にとっては
価格も衝撃的な高さですが、それ以上のものを
手にれられることでしょう。

ぜひ週末モデラーになってみては・・・

続きを読む "ガンダムMkⅡVer2.0製作記②" »

事務指定講習 26

Dsc02873_1 今日は久しぶりに
釜臥山が
よく見えました。
最近また雪が降った
ので少し薄化粧です。
この山の向こうが
霊場・恐山です。


恐山へ向かう恐山街道はまだ雪深く4月下旬まで通行止めです。

さて事例26は安全管理者の選任です。

安全管理者って何?という方は続きを読む・・をクリック

続きを読む "事務指定講習 26" »

ガメラ

4月3日から5日までヤフー!JAPANのWeb上で
昭和ガメラの映画が無料配信されていました。
視聴された方いらっしゃいますか?

この春にガメラの新作映画が封切られるそうで
そのプロモーションだったようです。

私の子供のころは、ガメラゴジラもごっちゃで
別に映画会社が違うなんて意識もしていませんでしたが
ガメラは子供の味方というイメージで
好んでガメラの映画をTVで見ていました。
特撮ものはあのころも今も子供の心を捉えて離しません。

おそらく全てのガメラ映画を見ていると思っていましたが
唯一見逃していた作品がありました。
それは。初回の「大怪獣ガメラ」です。
この作品はモノクロ映画で、初期ゴジラのような
画面から巨大生物への恐怖感が伝わってきます。
この映画ではガメラが北極の氷の下から原爆によって生まれ
日本へやって来て町を壊し最後は伊豆大島から
カプセルに入れられ火星へと
飛ばされていくシーンまでが描かれていました。

宇宙へも飛んでいくガメラの能力は、この後の映画で登場しますが
初期ガメラは人類によって宇宙空間へ飛ばされてしまったのです。
ちょっと意外でした。

しかしゴジラもそうですがモノクロ映画の特撮は恐怖感が増しますね。
見せ方も今のCGの特撮よりも稚拙なのですが
物凄く怖く表現されています。
子供のころにみたモノクロのゴジラや
カラーのガメラやゴジラでもすでにTV放送時には年月が経っているので
登場する人物の衣装や車が古めかしいものだったので
昔、ゴジラやガメラが本当に日本にいて暴れていたと思い込んでいました。

ゴジラがソフビ人形などのおもちゃでしか再現できなのに対して
ガメラは、本物のミドリガメを使って遊ぶことができました。
甲羅をたこ紐で結わいてつるせばガメラいやミドリガメはくるくると回転します。
紐をもってつるせば自由自在にガメラがジェット噴射をしているかのように
回転して飛んでいるようです。
亀にとってはとんでもない映画が流行ったものです。

平成ガメラの登場でまた被害にあう亀がふえるでしょうか?

ギャオスは今見ても怖い怪獣でした。超音波殺人光線は凄い!

コメント・トラックバックの表示について

本日よりお寄せ頂いたコメントならびにトラックバックについて
ブログへの表示までに若干お時間を頂くことになりました。

数は少ないのですが
迷惑トラックバックが見受けられるようになったので
このブログをご覧になる方に不快感を
与えてしまうのを防ぐのが目的です。
お寄せいただいたコメント、トラックバックについては
私の方で確認をさせていただいたものより
順次、表示させていただく設定に変更いたしました。
あしからずご了承くださいませ・

2006年4月 5日 (水曜日)

こちら南極・・・

地元テレビ局の青森朝日放送のプレゼント企画に応募して
今日、見事当選した品が届きました。

何が当ったかというと・・・・それは書籍です。
「こちら南極 ただいまマイナス60度」中山由美著

去年、ペンギンと女性記者が共演している朝日新聞のCMを
覚えているでしょうか?
彼女は日本の女性記者として初めて南極で越冬した人です。
実は去年帰国後
地元の統合中学校の開校記念講演に来町されましたが
参加する機会を逃していました。
その後、本が出版されたというのは知っていましたが
購入までにはいたらず、先日、プレゼンと企画に応募したのです。
しかし、今日届くまではすっかり応募のことも忘れていたので
何が当ったのか封を切るまで分かりませんでした。

南極については興味を以前から持っていました。
とくに不肖宮島こと宮島茂樹カメラマンの南極取材記は傑作です。
南極では気温が一年を通じて低く
ウイルスなども活動しにくい環境なので
昔の観測隊がのこした牛乳でも飲むことができるそうです。
たしか復活の日という映画で殺人ウイルスによって
世界中の人類が死滅したときでも南極にいた人たちだけは
生き延びることができたという設定でした。

まだ本の中身を読んでいませんが、読み終えたら感想を書きます。

こちら南極ただいまマイナス60度―越冬460日のホワイトメール Book こちら南極ただいまマイナス60度―越冬460日のホワイトメール

著者:中山 由美
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

成分分析ソフト

ヤフーのニュース欄にでていたフリーソフトのご紹介。

成分分析ソフト?「Buffalin

成分を知りたいものの名前を空白に入力して
ボタンを押すと、不思議なことに
その物質の成分構成が表示されるというものですが
当然、そんなに簡単に成分分析などできるはずもなく
これは一種のジョークソフトみたいです。

ちなみに
「社会保険労務士」と入力すると
社会保険労務士の成分解析結果 :

社会保険労務士の38%は微妙さで出来ています。
社会保険労務士の30%は希望で出来ています。
社会保険労務士の19%は着色料で出来ています。
社会保険労務士の5%は電波で出来ています。
社会保険労務士の4%は運で出来ています。
社会保険労務士の3%は株で出来ています。
社会保険労務士の1%は魔法で出来
ています。

以上のように分析結果?が表示されます。
ここからダウンロードできますhttp://tekipaki.jp/~clock/ (カドルコア世代)

2006年4月 3日 (月曜日)

事務指定講習 課題Ⅱまとめ(修正済)

社会保険労務士 H18年事務指定講習の課題Ⅱ

事例10から事例18までをまとめてみました。
まだ添削されて戻ってきていませんので
あくまでも私の取組のご紹介です。

課題Ⅱは、今、必要な手続メモを必死に綺麗な字で清書しています。

追伸
4/24 課題が添削されて返ってきたので修正しました。
一応 正式回答と思っていただいてかまわないと思います。

続きを読む "事務指定講習 課題Ⅱまとめ(修正済)" »

2006年4月 2日 (日曜日)

4月になって・・・

4月に入って新年度になりました。
ブログのデザインも心機一転と行きたいところですが
タイトルのアニメーションが気に入っているので
このまま暫くデザインは変更なしです。
本当は左右にあるサイドバーをどちらか一方だけに
変更したいのですが、このテンプレートには
両サイドバーしか用意されていないので困っています。
HTMLをいじって変更できるのかもしれませんが
そこまでの技術を持ち合わせておりません。

« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示