フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 収穫の秋 | トップページ | 稲刈り本番 »

2006年10月 2日 (月曜日)

『陰日向に咲く』 劇団ひとり著

物凄く売れている本です。
タレントさんが書いた文学作品としては最近一番のベストセラーです。
もうかなり以前に県立図書館のオンライン貸出サービスに予約を入れていたのですが、あまりにも希望者が多くてなかなか借りる順番が回ってこなかったのですが、先日突然、町民図書館に届きました。
青森では自宅のPCでオンラインで県立図書館の蔵書を住んでいる地域の図書館へ転送してくれるサービスがあります。
専門書や最近出版された本などはやはり県立図書館の方が早く入庫されるので、このサービスは便利です。
しかし、もう数十人の手を経て来た筈の本なのでかなりボロボロになっていると思ったのですが意外にも手元に来た本は新品同様というか新品そのもの。
たぶん余りにも貸し出し希望者が多いので、どうも新たに県で追加購入したようです。(以前借りた『白夜行』はボロボロの状態で来ました)
それほどまでに貸し出し希望者が多い作品なので早速期待して読みはじめました。
内容は、ちゃんとした文芸作品だったので、ちょっとビックリ。
テレビや新聞の書評でも他の作家からもかなりの高い評価を受けていたのですが、所詮、タレントが書いたものとしての相対的な評価だと思っていたのですが、見事に裏切られました・・・・うん、これは面白い!
オムニバス形式で綴られた短編で構成されている作品ですが、それぞれの短編の中の登場人物が他の短編とリンクしていて読んでいてとっても面白かったです。
これなら2時間ドラマの枠で絶対映像化されるなぁ~と思いました。
(今のところその話はなさそうですが)

文体も自然な形で読みやすく、変に文学作品を目指すのだ!といった感じでもなく、それなりの厚さのある本ですがまとまった時間があれば半日で読破できます。

一見、構成の妙で助けられているかのように感じるかもしれませんが、それだけではなく、この人はちゃんとした小説家としての文章力も備えているのでここまでの作品が書けるのだと思います。

これだけの才能があれば、本業のお笑いよりも物書きの方が売れるのでは・・と思わせる出来の作品ですが・・・でも2作目はプレッシャーで大変かも?

« 収穫の秋 | トップページ | 稲刈り本番 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/3647310

この記事へのトラックバック一覧です: 『陰日向に咲く』 劇団ひとり著:

« 収穫の秋 | トップページ | 稲刈り本番 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示