フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« <飲酒運転>懲戒免職の教諭が「重すぎる」と不服申し立て | トップページ | 『罠釣師(トラッパーズ)』三浦明博著 »

2006年9月14日 (木曜日)

「ハナミズキ」をあらためて鑑賞

先日このブログにも書いた通り
一青窈さんの「ハナミズキ」という曲は
やはり9.11をうけて作られた曲というのは間違いなさそうです。

そういうことを踏まえてあらためて歌詞を見ながら聞くと
今まで感じていた曲のイメージがだいぶ変わりました。

ハナミズキという植物は、日本にはなかった外来種で、明治時代の終わりごろに東京市からワシントン市に送られた桜の木の返礼に、贈られたものらしいです。
花言葉は「返礼」、「私の想いを受けとめて下さい」だそうです。
「ハナミズキ」には、ただ単純に男女の想いの他に国家同士の友好という隠れたキーワードも織り込まれているのだと思いました。
9.11後の世界への想いが「ハナミズキ」の歌詞に込められている・・・そう感じながら、この曲を聴くと今まで見えなかった詩の世界が一挙に広がっていくようです。

友好の気持を表すために桜の木を贈った日本、その気持に
答えてハナミズキを贈ってくれたアメリカがその後、戦争をはじめました。
国家同士が花の木を贈りあうような優しい世界は、まだあるのでしょうか?

« <飲酒運転>懲戒免職の教諭が「重すぎる」と不服申し立て | トップページ | 『罠釣師(トラッパーズ)』三浦明博著 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/3433518

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハナミズキ」をあらためて鑑賞:

« <飲酒運転>懲戒免職の教諭が「重すぎる」と不服申し立て | トップページ | 『罠釣師(トラッパーズ)』三浦明博著 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示