フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 跳ねる 大捜査線 | トップページ | タラの芽 »

2006年5月 5日 (金曜日)

たまごパック栽培法

たまごパック(たまごが10個入る透明プラスチック容器)に

半分ほど培養土を入れて霧吹きなどで水分を与えて

トウモロコシの種を蒔きます。

たまご1個分のスペースに1,2個ずつ蒔いて

発芽するまでぬれた新聞紙をたまごパックの大きさに

切った物を種を蒔いた土の上にかぶせて

パックのふたをして輪ゴムで開かないようにして

発芽するまで比較的温度が高そうな場所に置きます。

室内で数日で発芽すると思います。

Dsc03057 発芽後は新聞紙を取って、再びパックのふたをします。今度はちょうど温室効果でふたをきちんとすれば土中水分が日中蒸発してパックのふたに付着、夜間に温度が下がれば再び土中に水分が戻ります。

失われた水分を霧吹きなどで補給しながら

畑の畝に植えられるくらいの大きさに育てます。

こちらはまだ作物の生育には気温が低すぎるので

あまりたまごパック内で大きく生育させないように

日光の当たる量を調整しながら育てます。

ことしの種は「ゆめのコーン」という銘柄にしました。

トウモロコシは同じ品種のものをまとめて植えると

実のつきが良くなるようです。

このたまごパック栽培では、他に豆類などの苗の育苗に

または台所野菜としてのハーブ栽培などにも適しています。

リユース栽培法の一つです。

マルチングを施した畑に直播でも良いのですが、今の時期

カラスの食害にあう可能性が高いので

ある程度、大きく育って食害にあわないようになってから

畑に植えると手間はかかりますが確実です。

« 跳ねる 大捜査線 | トップページ | タラの芽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/1679713

この記事へのトラックバック一覧です: たまごパック栽培法:

« 跳ねる 大捜査線 | トップページ | タラの芽 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示