フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« デコちゃんの悲恋 | トップページ | ようやく完成 »

2006年2月 8日 (水曜日)

事務指定講習 事例6

ここ数日、幼稚園の学習発表会のビデオを編集してDVDに焼くといった作業に追われて、事例研究は中断していました。その間、家の外は雪が降り積もり、県内全域に大雪警報とか出る勢いの雪模様です。

さて事例6は、従業員が年休中に私傷病を発生(自損事故)を起こし、緊急のため保険医以外の医師の診療を受けたというお話。
 今回は労災適用はありえないので、健康保険での療養費の請求をすることになります。
登山中に滑落して緊急に飛び込んだ医院が保険適用外の医師であったため、一時的に医療費を全額現金ではらい後で健康保険へ精算することとなりました(療養費)。
ちなみに事故現場付近はこんな感じ?http://www.alpen-route.com/

詳細は続きを読むをどうぞ↓

保険適用外で彼が支払った医療費は65000円です。
滑落してこの金額くらいの怪我ってどんな怪我でしょうか?
一応、入院の必要が無くヘリで運ばれるような大怪我でないようなので
足のひざのお皿を割ったことにしました。妥当かどうかは疑問が残りますが・・・。
膝蓋骨(膝のお皿)の骨折と健康保険被保険者療養費支給申請書の傷病名に記入しました。教材と一緒に送られてきた社会保険労務手帳のP114に「労災保険傷病部位表示図」を参考にすると良いです。ただ現実にお医者さんの書いた診断書等が無ければ、なかなかこういった医学用語なんて書けないですよね
診断書等は申請時に添付しろとは書いていないようなんですけど必要ないんですかねぇ?

たぶんこの健康保険被保険者療養費支給申請書 で記入に際し悩むところは、この傷病名ではないでしょうか、あとは例のごとく被保険者の電話番号、医院の所在地など、こちらで勝手に設定するところくらいです。医院の住所は私の場合 富山県立山町としました。保険適用外の医院なんて私の場合お目にかかったことは無いのですが、人里はなれた場所で保険医でない医師が開業しているなんてなんか理由ありですね。

« デコちゃんの悲恋 | トップページ | ようやく完成 »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士(事務指定講習)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/643693

この記事へのトラックバック一覧です: 事務指定講習 事例6:

« デコちゃんの悲恋 | トップページ | ようやく完成 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示