フォト

amazonで欲しい物検索

Amazon

UNIQLO

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 事務指定講習 事例1(修正対応済) | トップページ | 春節 »

2006年1月27日 (金曜日)

バブルの頃の就職

大学在学中に社労士試験に合格する方も多いようです
3回も受験した自分にとってはある意味ショックというか色々考えさせられます。(学生諸君の努力と実力には敬意を表します)

自分の学生時代はバブル最盛期で就職活動は、空前の超売り手市場と呼ばれました。
会社説明会に行けばフランス料理がでたり、お車代、交通費、日当支給は当たり前
送られてくる会社資料は毎日山のように来たし、その中には企業グッズやノベルティが同封されているケースも多く、時計が入っていたという友人の話でダンボール2箱に詰め込んでいた未開封の会社資料を一晩かかって、片っ端から調べたり・・・。
今では考えられませんというか、当時はこんな時代になるとは思ってもいませんでした。

あの時代は就職に有利とかで資格をとるなんて発想がなく、公務員試験くらいしかしている人はいなかったなぁ。それに比べて今の学生さんは将来を真剣に考えているので素晴らしいと思うし、羨ましい。

そんな自分も30代後半に入ってようやく自分の将来を真剣に考えて悩んで歩き出しました。

第2の人生は定年後と思っていたけど、本当はこれからです

« 事務指定講習 事例1(修正対応済) | トップページ | 春節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7313/519203

この記事へのトラックバック一覧です: バブルの頃の就職:

« 事務指定講習 事例1(修正対応済) | トップページ | 春節 »

ニュース

  • 青森の地元紙〈東奥日報ニュース〉

社会保険労務士関連の書籍

Amazon 本のおススメ

楽天アフィリエイト

  • フォトブック

読書メーター

  • 青い森のよっちんさんの読書メーター
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

フィード表示